<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 二ノ宮知子「のだめカンタービレ」 | main | ブログ再開! >>

日本初演再現第九

 昨日、12月17日(日)は、杜のホールはしもとで「日本初演再現第九」を聴いてきました。今年公開された映画「バルトの楽園」で知られるようになった、板東捕虜収容所でドイツ人捕虜たちによって行われたベートーヴェンの交響曲第9番の日本初演の再現です。

朝日新聞より

 第一部「蘇る松江豊寿!?」は、映画で松平健が演じた板東捕虜収容所長・松江豊寿を永井寛孝さんが演じて、彼のナビゲートによって「日本初演第九」の模様が再現されました。ファゴットがないためにオルガンで代用したとか、面白いエピソードが聞けました。ファゴットは、バズーカ砲と間違えて没収されたのでしょうか。

第九初演の再現

 第二部は、第九の演奏ですが、通常の混声合唱を男声四部合唱に変え、ソロは、ソプラノ:岡本知孝、アルト:前畑晶彦、テノール:志田雄啓、バス:久保田真澄の各氏、オーケスラ(日本初演再現第九管弦楽団)もすべて男性という、珍しいスタイルの演奏でした。1998年に鳴門市で行われた「蘇る第九」公演のプロデュース・編曲・指揮もされたという中島良史さんが指揮をとりました。

第九本番

 映画に便乗したキワモノかもしれないと、演奏にはあまり期待していなかったのですが、男性だけの第九、迫力があって素晴らしいものでした。アマチュアの合唱による第九がさかんで、私も何度か聴いていますが、だいたい女性の方が人数でも多いし、声も出る人が多いので、男性の声がかすんでいる合唱がよくあります。男声四部合唱では、ソプラノ、アルトを1オクターブ下げて歌っていたようですが、編曲の工夫もあって、男声合唱として違和感なく聴くことができました。 ただ、欠けているソプラノ、アルトの声に耳をすましてしまうのは、どうしようもありません。

 名ソプラニスタ、岡本知孝さんの迫力のあるソプラノは、まさしく女まさりでした。



まいじょ * 音楽 * 23:56 * comments(4) * trackbacks(1)

コメント

あるブログでまいじょさんが、渋谷の名曲喫茶カノンのマスターの話題を書いていて懐かしく読ませていただきました。20年前くらい私も通っていたお店です。あのころマスターとよく『チャールダッシュ』を聞きました。懐かしく思い出しました。
Comment by みい @ 2007/01/21 2:24 AM
みいさん、
カノンがきっかけでお出でいただき、本当にうれしいです。
マスターと私は、世代を越えて、本当にいい友達だったのです。共通の趣味や話題があまりにも多すぎて、今は何をしゃべっていたのかくわしくは思い出せませんが、お互い本当の酔っぱらいだったのは間違いありません。
もしかして、T大かG大のオケの方ですか?
Comment by まいじょ @ 2007/01/21 2:57 AM
マスターと初めて出会った時、私はG女子大を卒業したばかりで、女子大では室内学にいました。マスターとは私も22歳の年齢差でしたが、閉店までワインを飲み、酔っぱらってワルツを踊ったものです。その頃お店に来ていた方でいまだにお付き合いがある人がいるほど、毎晩のように入り浸っていたので…。色々な思い出がありますが、今は良いことしか思い出しません。見ず知らずの方とカノンの話ができるなんて、マスターの導きでしょうか。
Comment by みい @ 2007/01/21 3:45 AM
ブログにコメントありがとうございます。

「アルベルト・シュペーア」をご覧になられていたんですね。
「夏の集い」も参加して頂き有り難うございます。

「白バラの祈り」是非宜しくお願い致します。

ご希望日時決まりましたら、メールにて私にお伝えください。
お席をお取り致します。

宜しくお願い致します。
Comment by みのる @ 2007/08/13 10:02 PM
コメントする









トラックバック

ラウンダーズ

学費をポーカーで稼ぐロースクールの学生マイク(マット・デイモン)は、天才的な勝負師(ラウンダー)。全財産を賭けた勝負に負けてしまい、一度は足を洗う決心をしたマイクだが、イカサマ賭博師のワーム(エドワード・ノートン)からの誘いで、またもやポーカーの
From 1-kakaku.com @ 2007/04/19 4:18 PM
このページの先頭へ