<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スコット・フィッツジェラルド「グレート・ギャツビー」 | main | 二ノ宮知子「のだめカンタービレ」 >>

華麗なるギャツビー

 村上春樹の新訳「グレート・ギャツビー」を読んだら、急にこの映画が観たくなりました。

華麗なるギャツビー

 多感な学生時代に公開されたこの映画を観て、私はものすごく影響を受けて、それからスコット・フィッツジェラルドの翻訳ものはすべて読んだと思うし、「The Great Gatsby」を少しだけ原書で読んだりもしました。当時、サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」とこの「グレート・ギャツビー」の定訳といえる翻訳をした野崎孝は、私の通った大学の教授だったので、一般教養の英語の講義を何度か聴講したこともあります(面白くなかった)。

 昨日の記事でとりあげた小説の冒頭とその続きは、映画ではニックのナレーションで次のようになっています。

 In my younger and more vulnerable years, my father gave me some advice that I've been considering ever since.
 "When you feel like criticising anyone," he told me, "remember that all the people in this world haven't had your advantages."
 In consequence, I'm inclined to reserve all my judgements.

 まだ若く純真だったころ、生涯忘れえぬ助言を父から受けた。
“誰かを批判したくなったときは、自分の尺度ではなく相手の立場で考えろ。”
以来、私は私見を控えている。

 字幕としてはベストの翻訳といえるでしょう。

 フランシス・フォード・コッポラの脚本も本当によくできていて、原作の本質にかかる部分を残しながら、上手にまとめています。ネルソン・リドルの音楽も最高で、ギャツビーのテーマともいえる「What I'll be?」が流れると、何とも切なくなります。

 ギャツビー(ロバート・レッドフォード)は、一度は愛を誓ったデイジー(ミア・ファーロー)がなぜ自分の帰りを待てずにほかの男と結婚したのかを問いつめたときの答えです。

 Because, rich girls don't marry poor boys, Jay Gatsby. Haven't you heard? Rich girls don't marry poor boys!

「裕福な女は貧しい男とは結婚しない。知らなかった? 貧しい男とは結婚しないの」

 こういう嫌な女が相手でも、惚れた男って本当に馬鹿ですね。何年も努力して大金持ちとなり、デイジーの桟橋の緑の灯火を対岸にみる豪邸を手に入れたり...。でも、そういう見果てぬ夢を追うところに男のロマンを感じます。
JUGEMテーマ:名画



goo映画華麗なるギャツビー
1974年 アメリカ
監督:ジャック・クレイトン
IMDb
The Great Gatsby


まいじょ * 映画 * 12:16 * comments(5) * trackbacks(3)

コメント

何度、見てもいい映画ですね。
レッドフォードやコッポラの映画作りの
情熱には感動します。
Comment by kju96 @ 2006/12/12 8:19 PM
私のブログにコメントとTBをありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきます。
こちらの記事をとても興味深く読ませていただきました。
またゆっくりお邪魔したいと思います。
Comment by こやまっこ @ 2007/01/25 1:34 PM
初めまして

通りすがりの映画好きです
しかし若い頃のレッドフォードはブラッドピットに
良く似ていますね
Comment by tak @ 2007/03/12 8:30 PM
はじめまして、フィッジェラルド原作の華麗なるギャツビーの冒頭を受験の構文で覚えました。映画の方も深夜放映されたものを見て気に入りその後購入しました。10回以上見返しました。素晴らしい豪邸のシーンで、シャツを箪笥から投げ出すシーンが大好きです。ただ最後は急ぎすぎで(原作も)みて?です。原作共々映画も好きですが・・・。
Comment by プジョー @ 2007/03/22 3:02 PM
まいじょさん、私もフィッツジェラルドと村上春樹が好きで、もう「グレート・ギャツビー」はシビレる本です。冒頭の部分もグレートですが、第1章のひとりたたずむギャツビーの描き方は大好きなところ。こちらの記事を読んで映画もまた観たくなりました。
Comment by コニコ @ 2008/12/13 3:03 PM
コメントする









トラックバック

華麗なるギャツビー

華麗なるギャツビー ロバート・レッドフォード 本を読んだだけでは具体的に想像しにくい当時のアメリカのお金持ちの人々の生活の模様を映像に見ることができる。おぼろげなイメージがしっかり映像として目に入ってくことによって頭の中で落ち着く感じがします。
From DRIDRI KINGDAM @ 2007/01/25 1:32 PM

端正な風景の中に心理的動揺と惑乱のきわみ!

ジャック・クレイトンは作品は少ないけれども着実な成果をもたらすイギリス紳士そのままの作風といってもいいだろうが、昨今のホラー映画のこけおどしは一切使わず、これも端正な風景の中に想像力として落とし込む。デボラ・カーもアカデミー賞こそ逸しはしたが、よろめ
From この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち @ 2007/04/20 1:19 PM

「グレート・ギャツビー」読書会(1)

「言えない秘密」の主演はジェイ・チョウ。でもジェイといえば…コニコにはやっぱりジ
From コニコの喫茶店 @ 2008/12/13 3:07 PM
このページの先頭へ