<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< さよならをもう一度 | main | João Gilberto - Japan tour 2006 >>

菊豆

 チャン・イーモウ監督が、「紅いコーリャン」に続いてコン・リーを主演に起用して、中国の封建的時代に生きた女性の悲劇を描いたドラマです。日中合作映画で、「紅いコーリャン」を評価した徳間書店社長の徳間康快氏が、製作費や機材などをすべて提供したそうです。

菊豆

 1920年代の中国、菊豆(コン・リー)は、旧家の染物屋に金で買われて嫁入りします。夫となるのは、何十歳も年上で、先妻もその前の妻もなぶり殺したという噂の男です。菊豆は、この夫に夜な夜なサディスティックに責められ、夫への憎悪から夫の甥と不倫して子供を産みます。夫が倒れると、ひそかに夫婦気取りの暮らしを楽しみますが、やがて成長したわが子に復讐されるという、まったく救いのない物語です。

 張藝謀は、自己表現できずに耐える1920年代の菊豆に、原題の中国人の姿を重ね合わせて描いた。「今日の中国がいまのようになってしまった根源がこの映画のなかでに描かれている」とインタビューに答えている。揚家の伝統的な規則にすべてを縛られていて、虐待されて息もできないなかで、菊豆は反抗する形で不倫を犯す。しかし、成長したわが子によってすべてを奪われてしまうのだ。“因果応報”を描きたかったという張藝謀だが、反抗し自己主張した結果、少しでも救いがあったら−−と思うのだが、アメリカ映画のように救いを描けないほど、中国の過去と現実は袋小路に入りこんでしまっているということなのか。
石子順『中国映画の明星 女優篇』


 恐ろしかったのは、3歳にもなって、言葉もしゃべらず、笑いもしなかった子供が、なさぬ仲の父親にまさしく殺されようとした瞬間に、「お父さん」と声を発したことです。それまで悪魔だった夫は、この一声によって、子供に対しては好々爺に変わりました。また、子供と遊んでいた「好々爺」が、事故で赤い染料の入った穴に落ち、溺れてもがく様子をみて、その子が初めて笑ったのです。

 そして、この子はいくつになっても、実父になじもうとしませんでした。不倫、あるいは背徳の関係を続ける二人を、鋭い目でにらむ姿は、まるで旧家の因習を守ろうとする意志が、のりうつったかのようです。

 コン・リーの演技で凄いと思ったのは、壁の穴から夫の甥に覗かれているのを知ったとき、まず羞恥心をあらわし、そして嫌悪感から必死で壁の穴をわらでふさぎ、そして数日後、今度は壁の穴から覗かれることを知りながら、半裸で身体を拭いたときの恍惚とした表情です。この間の心境の変化を、繊細な演技で表現しています。

 壁の穴を知る前の菊豆は、自分ひとりだけの孤独な存在でした。それが、壁の穴からのまなざしによって、他者によって見つめられる存在に変わりました。まさしくサルトルのいう「対自存在」が「対他存在」に変化したのです。

 映画の中では、彼女にまなざしを向けるのはもちろん夫の甥ですが、撮影時にコン・リーが感じていたのは、カメラを通したチャン・イーモウ監督のまなざしにまちがいありません。ゲスの勘ぐりでげすかね。
JUGEMテーマ:名画



goo映画菊豆
1990年 中国、日本
監督:チャン・イーモウ、ヤン・フォンリャン
IMDb
Ju Dou


まいじょ * 映画 * 17:58 * comments(1) * trackbacks(1)

コメント

ブログピープルから来ました。

はじめまして。


子供ってどんなひどい目にあっても親を愛するんですね。


知り合いの女の子の話です。

彼女はやはり親にひどいめにあったらしいんですが、

それでも好きだと言いました。


けれども違う女の子は親元から脱走しました。

病身の母を置き去りにして。

私はその片棒を担いだのかもしれません。

私の妻を含めて。


映画とは関係ないコメントですみません。

チャン・イーモウとコン・リーの組み合わせは大好きなので、

自分に余裕のあるとき鑑賞してみようと思います。

それでは。  




Comment by bob @ 2006/11/25 11:52 PM
コメントする









トラックバック

菊豆

 映画「菊豆」  監督:チャン・イーモウ。コン・リー  20年代の裕福な一族に金で買われてきた女と間男の話。ひさしぶりに「これぞ映画!」を見たなという印象。宗族だから家長は男の後継ぎを残さないといけないんだけど自分はインポ。それが歪んで出てきて妻を
From without a trace @ 2006/10/30 2:49 AM
このページの先頭へ