<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 雨に唄えば | main | セントラル・ステーション >>

ラウンダーズ

 マット・デイモンが、賭けポーカーにのめりこんで行く法科大学生を演じる、サスペンスドラマです。

ラウンダーズ

 ポーカーは、数ある賭けゲームの中でも最も頭を使うものの一つであり、相手の表情やしぐさで手の内を読みとり、相手には「ポーカー・フェイス」でこちらの手の内を明かさないようにする心理戦が特徴です。弱い手でも、「ブラフ」によって、強い手の相手を負かすことができるのも、ポーカーの面白いところです。

 私は今はギャンブルはまったくやりませんが、若い頃は、麻雀、パチンコ、ポーカーとひととおりの賭け事には手を染めました。だから大負けして「もう二度とやらない」と誓いながら、再び手を出してしまうマット・デイモンの気持ちはよくわかります。

 マット・デイモンの旧友のどうしようもない男を、エドワード・ノートンがやっています。ノートンが、イカサマを見破られたときの顔は、まるで「真実の行方」で、可愛い顔して本当にズルイ奴です。

 映画の圧巻は、かつて大負けしたロシア・マフィアにつながりのある男KGB(ジョン・マルコヴィッチ)にリベンジを挑むシーンです。「テキサスホールデム」というのでしょうか、私たちにはなじみのないルールですが、観ていて本当にはらはらどきどきしました。

 マット・デイモンは、「グッド・ウィル・ハンティング」でもそうでしたが、こういう愚かな人生の選択をしてしまう天才の役がはまっています。

goo映画ラウンダーズ
1998年 アメリカ
監督:ジョン・ダール
IMDb
Rounders


まいじょ * 映画 * 00:01 * comments(2) * trackbacks(0)

コメント

こんにちは
ラウンダースは好きな映画のひとつです
マット・デイモンって特にアクの強さや
特徴はないんだけど、幅広い役こなしますね
これもそうだしグッドウィルもそうだし
「成功者」として「レインメーカー」
「ボーン・アイデンティティ」や「スプレマシー」かと
思えば「リプリー」
達者な方です

エドワード君もまったくもう!みたいなだめなヤツですね

そう思えばこの映画、けっこうな役者さんぞろいですね(笑)
Comment by shun-ran @ 2006/09/30 12:52 PM
ようこそ、shun-ranさん。

マット・デイモンって、顔はともかく、いい俳優ですよね。「ボーン・〜」を観て、アクションまでこなせることに驚きましたが、知的な役がもっとも合っていると思います。
いずれ自分で製作や監督もやるではないかと今から楽しみにしています。
Comment by まいじょ @ 2006/09/30 4:52 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ