<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< SoundTrack - Orfeu Negro | main | Antonio Carlos Jobim - Antônio Brasileiro >>

SoundTrack - Un Homme Et Une Femme

 映画「男と女」のSoundTrackです。
SoundTrack - Un Homme Et Une Femme←LPのジャケット
 映画「男と女」は、1966年の制作で、監督がクロード・ルルーシュ、音楽はFrancis Laiが担当しています。

 主演のジャン=ルイ・トランティニャン(男)とアヌーク・エーメ(女)の美しいラブシーンは、いつまでも目に焼きついています。そういえば、この映画はカラーと白黒を場面によって使い分けていますが、効果をねらってそうしたのではなく、予算不足で一部カラーを使えなかっただけだそうです。

 ボーカルはPierre Barouh(男)とNicole Croisille(女)。特にPierre Barouhのフランス語による「Samba Saravah」を聴くと、Bossa Novaって世界に通用する音楽だとつくづく思います。
JUGEMテーマ:Bossa Nova



1966 United Artists Un Homme Et Une Femme
01 - Un Homme Et Une Femme
02 - Samba Saravah
03 - Aujourd Hui Cest Toi
04 - Un Homme Et Une Femme
05 - Plus Fort Que Nous
06 - Aujourd Hui Cest Toi
07 - A Lombre De Nous
08 - Plus Fort Que Nous
09 - A 200 A Lheure
まいじょ * 音楽 * 21:24 * comments(4) * trackbacks(2)

コメント

ダバダバダといえばこれですよね。
僕も大好きな映画です。
この映画でのアヌーク・エーメとトランティニャンは
その後の二人は抜きにしても、印象的で今でも
記憶の奥にあります。
週末にこういう映画をゆっくり見るのもいいかも
しれませんね。
Comment by candyman @ 2006/02/14 11:11 PM
ピエール・バルー (Pierre Barouh)
http://music-review.info/article/12884223.html
へのTBありがとうございました。

ヴィニシウス・ジ・モライスが外交官としてフランスに赴任しなかったら、ピエール・バルーとの出会いもなくこの名曲も生まれなかった。そう考えると人の出会いはまさに一期一会だと思います。人生とはフィクション以上に偶然の連続によって出来ているのですねぇ。
Comment by ponty @ 2006/02/15 1:30 PM
●まいじょさん、こんにちは。
ピエール・バルー (Pierre Barouh)
http://music-review.info/article/12884223.html
へのコメントありがとうございました。

主演→出演 
ハリウッド俳優の仲間入りをする→ハリウッド俳優並の生活の仲間入りをする
の間違いでした。後者については「男と女」がカンヌで受賞後、放浪時代からは一変した生活を指して書いたつもりでした。訂正ありがとうございました。

それにしてもピエール・バルーは多才ですよね。関係ないですが、フリオ・イグレシアスのバイオグラフィーもなかなかすごいものがあります。いずれアップしたいと思います。良かったらご覧下さい。ピエール・バルーに勝るとも劣らない経歴を持ったアーティストですよ。
Comment by ponty @ 2006/02/15 1:53 PM
●まいじょさん、こんばんは。
ご指摘ありがとうございました。こういったご意見は著者にとって大変貴重でありがたいものです。今後もよろしくお願いします。八芳園の庭は素適ですよね。あそこで音楽を聴けるとは素晴らしい企画ですね。今度友人の結婚式が八芳園であります。ちょっとその辺も思い描いて庭でも散歩しようかと思います。
Comment by ponty @ 2006/02/16 1:49 AM
コメントする









トラックバック

男と女

関東地方は、いまいちの天気で、それでも雨が降らないだけでもましという人もいるのでしょうが、私はだめ。 梅雨にはいるかはいらないか、なんだか半端で、よく言えば、すごしやすい気候ともいえるのでしょうが、だめ。 梅雨に入るななら入ってじとじと蒸し暑く、空気
From トレイン・アンド・ファミレス・ライブラリー @ 2006/06/05 1:02 AM

男と女

(1966/クロード・ルルーシュ製作・監督・共同脚本/アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン、ピエール・バルー、ヴァレリー・ラグランジェ/104分)  何十年か前、初めてこれをTVの(多分)字幕スーパーで観た私は、噂通りの薄っぺらいドラマとま
From ::: SCREEN ::: @ 2006/06/21 8:44 PM
このページの先頭へ