<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 七年目の浮気 | main | 映画INDEX >>

ヒトラー 〜最後の12日間〜

 陥落寸前のベルリンで、地下要塞に潜んだヒトラーを中心とするナチス中枢にいた人々の極限状況を描いた歴史ドキュメンタリーです。
ヒトラーとシュペーア
 ヒトラーの建築家シュペーアも、別れの挨拶にヒトラーを訪ねます。頑強に降伏を拒むヒトラーに対し、国民を巻き添えにするのだけはやめてくれとシュペーアは頼みます。ところがヒトラーの答えはこうです。
「わが国民が試練に負けても私は涙など流さん。それに値しない。彼らが選んだ運命だ。自業自得だろう」

 原作は「ヒトラー 〜最後の12日間」(ヨアヒム・フェスト)と「私はヒトラーの秘書だった」(トラウドゥル・ユンゲ)の二つ。
 「ヒトラー 〜最後の12日間」の著者で歴史家のフェストは次のように語ります。
「ヒトラーが自国民に課した厳しい試練を彼らが乗り越えられなければ、彼は自国民を見限り容赦なく滅ぼすだろう。失望したヒトラーの憎悪は自国民に向けられる。これは逆説的で信じがたい状況だ。ヒトラーが考えていたのは2つの民族の絶滅かもしれない。その1つがユダヤ人なのは周知の事実だが、もう片方はドイツ人だ。」

ヒトラー
 「私はヒトラーの秘書だった」の著者のユンゲにスポットライトを当てたことにより、彼女の目からみたヒトラーを等身大に描くことに成功したのだと思います。エンドロールの前に、老人となったユンゲを登場させ、映画のリアリティを高めるとともに、重要な告白を引き出します。
「ニュルンベルク裁判で恐ろしい話は聞きました。600万人のユダヤ人や人種の違う人々が無残に殺されたと...。これらの事実は大変ショックでした。でも私はそれを自分と結びつけられず、安心していたのです。“自分に非はない”“私は何も知らなかった”そう考えていました。でもある日、犠牲者の銘板を見たのです。ゾフィー・ショル。彼女の人生が記されていました。私と同じ年に生まれ、私が総統秘書になった年に処刑されたと。その時私は気づきました。若かったというのは言い訳にならない。目を見開いていれば気づけたのだと。」

 80を超えた歳になってなお反省する彼女を責めることができるでしょうか。同じような告白をシュペーアもしていますが、大臣という枢要な地位にいたシュペーアと秘書のユンゲとは、知りえた範囲も責任の重みもまったく異なるはずです。
 ユンゲの聡明さと人間性やバイタリティーは、この映画の救いです。特にラストシーンで、ユンゲと少年が自転車で旅立つところは、私たち日本人が共感するところです。ヒトラーが見棄てた人々が力強く立ち上がっていこうとする意欲が感じられます。
ユンゲと少年
 タブーを破り、ようやくこのような映画を作れるようになったドイツと、選挙で首相の愚行を咎めることさえしなかった日本の、戦犯や戦争責任に対する認識の違いをあらためて思い知らされました。

goo映画ヒトラー 〜最後の12日間〜
2004年 ドイツ
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
IMDbDer Untergang


まいじょ * 映画 * 23:32 * comments(14) * trackbacks(23)

コメント

この映画や「マイ・ファーザー」古くは「夜と霧」「ニュールンベルグ裁判」等を見た後、感じるのは、犠牲になった数え切れない人々の冥福を祈るとともに、正直、何といわれようと、いま、現在、息をして、ここに生かされていること。
息子を徴兵されることもなく、皆でそこそこの快適な暮らしが出来るという、この事実をまず感謝!

それからです。
ゆっくり考えるのは。

我々と同じ一般庶民のひとりひとりがあのヒトラーのような悪魔をこれから先、絶対、推し上げない!ということを
誰が保証・断言できるだろうかと。

拙ブログに貴重なコメント、ありがとうございました。
近日「白バラの祈り〜ゾフィー・ショルの最期」が公開されますね。
Comment by viva jiji @ 2006/01/23 7:28 PM
TBをありがとうございました。
だいぶ前に観た映画でしたが、DVDが発売になったのですね。
もう一度観なおしてみたいと思います。
Comment by 秘書ひしょ @ 2006/01/23 10:02 PM
TB&コメントありがとうございました。

ナチスもボリシェビキも、ヒトラーもスターリンも、暴力的という点では身の毛もよだつ部分があります。
しかし彼らは悪魔などではなく、実在した人間です。
同じ過ちを繰り返さないためには、事実から目を逸らさない、努めて冷静かつ現実的な分析に基づいた反省が必要ですね。
Comment by はち @ 2006/01/25 2:53 AM
TBありがとうございました。
この映画がドイツの映画であることに、先ず衝撃を覚えました。監督とブルーノの決断に、感激です。
人間は、もっと歴史に学ばなければなりませんね。形こそ違っても、似たようなことが繰り返されている世界が、まだある以上は。ヒトラーひとりを悪者にして、それで終わりではないように思います。
Comment by あかん隊 @ 2006/01/26 10:13 PM
TB&コメントありがとうございました。

まいじょさんの仰るとおりこの映画はタブーを破りましたね。こういう社会派映画は少なくなりましたが、特に日本は、もっと作られるべきですね。

プロフィール、拝見しました。兵庫県庁に勤めてらっしゃったのですね。
僕は神戸市の近くに住んでいます。
神戸が以前のように復興できたのも、まいじょさんたちの力によるものですね。
Comment by トグサ特命捜査官 @ 2006/02/07 9:21 PM
ほんとうに微力ながら、神戸・阪神間地域の復興まちづくりのお手伝いができたことは私にとって光栄なことです。さいわい、兵庫県で知り合った人々との交流は10年以上たった今も続いていますし、今でも春になると「いかなご」を送ってくれる女性もいます。ただし私の母の世代に属する方ですが(笑)
Comment by まいじょ @ 2006/02/08 12:50 AM
TBありがとうございました。
狂気だけでなく、どちらかというと、ヒトラーの人間味の方に重点をおいて描かれているだけに、自分か当事者たちだったらどうしただろう?と考えさせられずにはいられません。
ユンゲが衝撃を受けたゾフィー・ショルの話も映画化されたことですし、映像化で人々に感心を持たせる動きはとてもいいことです。
Comment by 白丸 @ 2006/02/15 9:34 AM
TBとコメントありがとうございました!
公開当時から気になっていたのですが、なかなか時間がなかった上に、映画館に足を運んでみたら満員で入れない状態だったため、DVDが発売されてやっと見ることができました。
人間っていうのは、常に生きている時代・国・環境の色眼鏡を通し社会にかかわっているものだと思います。
ゾフィーの生涯を知り「若かったというのは言い訳にならない」と悟ったユンゲさんの言葉は、「若かった」の部分を自分の境遇に入れ替えてすべての人が心に留めるべきことなのかもしれませんね。
ドイツ人によって「ヒトラーの人間性とそれを祭り上げ踊らされていった人々」が描かれている点ではとても評価できるものだとは思います。
ただ、私的には「自分は何の変哲もない一般人」と信じている誰でもが、このような熱狂の坩堝におぼれているのに気づかず、正義感をもって突き進んでしまうという怖さの部分の書き方がちょっと弱かったかな?という気もしました。
Comment by りくらむ @ 2006/02/20 9:27 PM
今、日本でも総理が変わり靖国云々話になってますが・・・日本はいつになったらこういう映画ができるんでしょうね。

TBさせていただきました〜
Comment by カオリ @ 2006/10/04 9:57 PM
カオリさんのコメントがきっかけで、購入してまだ見ていなかった「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」を今日観ました。
Comment by まいじょ @ 2006/10/08 12:15 AM
ヒトラーの異常性を浮き彫りにすることで、その他の人々は正常で巻き込まれていただけというかんじで描かれているのはいかがなものかなと。ヒトラーのようなひとはいつの時代にもいるわけで、そういう輩を祭り上げた国民性をこそフィーチャーしてほしかった。ゲルマンという人種が愚かというわけではなく、大衆という集団に潜む愚かさです。
Comment by hiro @ 2007/02/04 11:53 PM
日本の戦争責任とかかんけーねーじゃんか。
何歪んだお前の妄想を書き連ねてるんだよ。アホが。
お前みたいな不細工無職に映画を見る資格は
ないよ。いちいち日本の戦争に関連づけるな
バーカ。しょーもないブログだな。さっさとハロワに
行けやアホニート。
Comment by 低能ブログを発見。 @ 2008/09/28 5:20 PM
こういう人間の憎悪を集めれば虐殺もおきるでしょう。けっして自分で責任もとらず人を非難して自分だけは生き残る。日本の敗戦をまねいたのもこういう人間でしょう。
Comment by サクマ @ 2009/03/05 4:45 PM
ちょっとこの作品誤解したまま感動したり感銘を受けたりしてしまっている方が多いですね・・・。

この作品を傑作と思っている一人として敢えて指摘させていただきます。

まず、ブルーノ・ガンツはドイツ人ではありませんよ。それと、破った「タブー」って、どっちのどういうタブーでしょう? 映像特典を見るとわかりますが、この映画は被害者ユダヤ人の側から“ナチやヒトラーをあんないい奴に描きやがって”と激しく批判され酷評されています。さらに、ユンゲの「反省」ゼリフは劇場では末尾だったのですが、DVDでは頭に持ってきて、ある意味より強く“言い訳”する形になっています。
Comment by ナチは民主的に生まれ暴力で倒された @ 2009/10/27 3:30 AM
コメントする









トラックバック

映画『ヒトラー最期の12日間』(Der Untergang)感想B面

以前にも掲示板で話題になりましたが。 過日、アントニー・ビーヴァーというイギリスの軍事史家が、ベルリン最終戦についての超力作ドキュメンタリー作品『ベルリン陥落1945』を発表して大いに評判となりました。単なる事件の記録にとどまらず、この戦場における
From ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録 @ 2006/01/23 12:59 AM

ヒトラー〜最期の12日間〜

10年以上ぶりですよ、立ち見で映画を観たのって‥‥通路脇に座って観ましたが‥‥。 大阪では梅田ガーデン・シネマ1館での上映。     ※8月6日以降は複数の劇場で上映しているようです シネコンで大々的にやるのは苦しいのだろうが、単館やるには話題性
From オタクの魂forビギナーズ @ 2006/01/23 8:59 PM

殺人鬼ヒトラーの内面を描く◆『ヒトラー 〜最期の12日間〜』

8月11日(木)名演小劇場にて 2004年2月に、私は『アドルフの画集』という映画を観た。独裁者になる前の青年時代のアドルフ・ヒトラーは絵を描くことが好きで、ある画商との出会いによって一時は画家を目指すのだが、次第に政治運動に傾倒して行った…というストー
From 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 @ 2006/01/23 9:09 PM

ヒトラー・最期の12日間

昨日、友人のIちゃんと共に観にいって参りました。 2時間半の長い長い映画。 息が詰まるほどの緊張感が続く内容でしたが、長さを感じさせず、 最後まで一気にみせてくれる映画でした。 渋谷のど真ん中にあるミニシアターでの上映でしたが、まず驚いたのは
From 役員秘書のひしょひしょ話 @ 2006/01/23 10:01 PM

映画:ヒトラー~最後の12日間~

ドイツの南東部に位置する町ニュルンベルグは、ユダヤ人差別が法制化され、ナチス党幹部が最後の審判を受けた場所として歴史に名を残している。 そのニュルンベルグの中央駅から9番トラムにのり十数分、ローマのコロッセオを髣髴とさせる巨大な蹄鉄型の建物が見えて
From 煩悩のお散歩 @ 2006/01/23 11:52 PM

「ヒトラー」

???κ???12?? ?????κ???ξ?????ļμ??
From 《ネタばれ》レンタル言いたい放題。 @ 2006/01/25 2:46 AM

ヒトラー 〜最後の12日間〜

辛かった。異常なのは、人なのか情勢なのか。シチュエーションを醸し出す土壌となるも
From cococo @ 2006/01/26 10:14 PM

映画「ヒトラー 〜最期の12日間〜」

DVDで観ました。ヒトラーの秘書を務めたトラウドゥル・ユンゲの目を通して歴史的独裁者の知られざる側面を浮き彫りにしていく衝撃の実録ドラマ。見応えありました。ナチスドイツの崩壊を淡々と描かれています。敗北を認めないヒトラーと否定的なことを言えない側近達、
From しょうちゃんの映画観賞日記 @ 2006/01/28 2:32 AM

ヒトラー 〜最期の12日間〜

この週末はそんなに用事もなく(あ、そこ、いつもヒマでしょ、とか言わない)、観たい映画がいくつかあったので、観ようかな〜と思ってました。超メジャーな作品だとどこのシネコンでもやってたりするんですが中メジャー位からやるシネコンとやらないシネコンが出てくる
From 欧風 @ 2006/01/30 6:20 AM

ヒトラー 最期の12日間

2004年 ドイツ 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 原題:DER UNTE
From 銀の森のゴブリン @ 2006/02/05 9:35 PM

ヒトラー〜最後の12日間〜

Der Untergang この映画はヒトラーを美化しているのでしょうか?アドルフ・ヒトラーという一人の男の思想で600万人のユダヤ人や彼に心酔し信じたドイツ国民、そしてこの戦争に関わり死んでいった世界の人々の命の重さを考えれば、到底好きになれる人物ではありま
From tsublog@theatre @ 2006/02/06 10:36 AM

「ヒトラー 〜最期の12日間〜」

このブログを始めたキッカケは、映画を観た後に時折感じる、この感動を誰かに伝えたいとか、紹介したいとか気持ちが大きくなってブログを始める事にしました。 この「ヒトラー 〜最期の12日間〜」は、そんな誰かと感想を共有したいというより、ひっそりと自分の中
From シネマつれづれ日記 @ 2006/02/07 9:35 PM

先日もご紹介していますが「ヒトラー〜最期の12日間」

初めてblogを立ち上げた時にご紹介したタイトルですが、 先週末到着したものを改めて鑑賞しました。 ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション ヒトラー〜最期の12日間 ヒトラー個人にだけ焦点を絞っているのではなく、 ドイツが終戦を迎えるまで
From t-catの物欲行脚 @ 2006/02/08 9:46 PM

ヒトラー 最期の12日間

出演: ブルーノ・ガンツ, アレクサンドラ・マリア・ララ, その他 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル 本当に怖い映画だった。“戦争もの”をほとんど観たことが無い私には、戦闘シーンは目を背けたくなった。この映画は、独裁者ヒトラーの作ったドイツの崩壊
From つかさのヘボれびゅー @ 2006/02/10 1:33 PM

いまさらネタ(ヒトラー〜最後の12日間〜)

↑"アドルフおじさん"とゲッベルス夫妻と子供たち このエントリーの写真は 「HITLER'S HENCHMEN」と「Sieg Hail!」 という写真集から掲載しています 公開当時にこんな映画やりますね〜て書
From 神宮の空の下、永遠に忘れられた存在のボクら @ 2006/02/20 9:08 PM

映画のご紹介(113) ヒトラー 最期の12日間(2005年)

ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(113) ヒトラー〜最期の12日間〜(2005年)-戦争って、本当は 誰が責任を負うのか? 3月中旬以降、映画館で上映している映画にあまり興味を引かれるものが
From ヒューマン=ブラック・ボックス @ 2006/04/01 1:05 PM

ヒトラー「最後の12日間」/ The Downfall

ヒトラーの私設秘書Traudl Junge(当時22歳)の視点から、ヒトラーが追い詰められ自殺するまでの12日間が描かれているこの映画は、彼女自身のインタビューで締めくくられる。 "I realized that she (Sophie Scholl) was the same age as me, and I realize tha
From communication 101 @ 2006/04/05 9:12 PM

映画鑑賞感想文『ヒトラー最期の12日間』

さるおです。 『DER UNTERGANG/ヒトラー最期の12日間』を観たよ。 監督は『DAS EXPERIMENT/es』でも話題を呼んだオリバー・ヒルシュピーゲル(Oliver Hirschbiegel)。 出演は、以下のとおりです。 アドルフ・ヒトラー(総統):ブルーノ・ガンツ(Bruno Ganz) トラウドゥ
From さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー @ 2006/07/12 2:47 AM

ヒトラー〜最期の12日間〜(04・独)

とうとう山形で今週から「白バラの祈り」の上映が!待ってました。それで、予習もかねて本作品をDVD鑑賞。これもホントは劇場で見たかったんだけど・・・。 内容はタイトルの通り。アドルフ・ヒトラーの最期の12日間を、秘書の女性ユンゲの目を通して、彼とそ
From no movie no life @ 2006/10/04 9:55 PM

ヒトラー 最期の12日間

ドキュメンタリーを観ているような見応え!
From Akira's VOICE @ 2006/11/17 10:34 AM

映画『ヒトラー 〜最期の12日間〜』

原題:Der Untergang 1945年5月7日、第3帝国は終焉を迎える。ドイツ・ナチス総統ヒトラーが4月20日に地下要塞に籠もり自殺するまでの最後の12日間の悲劇の物語・・ この映画、歴史家ヨアヒム・フェストの「ダウンフォール」と、ヒトラーの秘書ト
From 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 @ 2006/11/22 6:09 PM

「ヒトラー 〜最期の12日間〜」

みなさんこんばんわ。 最近「直立二足歩行」にハマってる高瀬です。 歩きすぎてブー...
From 高瀬真琴(タカセ マコト)の映画ゾンビ @ 2007/03/05 10:21 AM

ヒトラー/最期の12日間@我流映画評論

今回紹介する映画は、以前このブログでも紹介した『es』の監督、オリバー・ヒアシュビーゲル作品、『ヒトラー/最期の12日間』です。 まずは映画のストーリーから・・・ 1942年、ミュンヘン出身の若い女性が、アドルフ・ヒトラーの秘書になる。 彼女は追い
From ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG @ 2007/09/02 1:05 AM
このページの先頭へ