<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< お熱いのがお好き | main | 七年目の浮気 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

愛猫トム、逝く

 昨13日金曜日夜、7年間飼っていた愛猫トム(アメリカン・ショートヘア)が逝去しました。享年10歳。直接の死因は腹部にできた悪性腫瘍だと考えられますが、慢性腎不全も悪化しつつあったようです。
トム7歳
 以前は丸々と太ったデブ猫だったのですが、昨年の暮れ頃から急に元気がなくなり、食欲も衰え、体重はピーク時の半分近くまでに落ちていました。今年になってからは数日おきに点滴を打ちに医者に連れて行っていたのですが、病には克てなかったようです。

見上げるトム

 昨晩はフォーレのレクイエムをかけて、トムの魂が天に昇っていくのを見送りました。この曲、レクイエムの中では最高だと思います。

 トムは、3歳で私のところに来るまで別の名前だったのですが、私が改名しました。名前は、ボサノヴァを創った男、トム・ジョビン(アントニオ・カルロス・ジョビン)から、もらったものです。そういえば、音楽家のトムは腹部の悪性腫瘍の手術が原因で亡くなりましたが、猫のトムも同じような病気で亡くなるとは...

 今まで日常にいたトムの不在、この喪失感をサウダージというのでしょうか。

トムとパソコン

 トムと暮らしてきたおかげで、私たち家族はどれだけ癒され、なぐさめられたことか。仕事や食事を邪魔された思い出も、今は懐かしく思い出されます。

 トム、ありがとう。安らかに眠ってください。
まいじょ * ノンセクション * 23:59 * comments(5) * trackbacks(2)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:59 * - * -

コメント

まいじょさん、わかります・・・その辛さ。
私は犬ですが、マルチーズを今までに2匹飼っていましたが、偶然にもどちらも13年目で天命をまっとうしました。
家族の一員ですからね、居なくなると本当に寂しいものです。
トム君のご冥福お祈りいたします。
Comment by なぎさ @ 2006/01/15 1:56 PM
どうもTB&コメントありがとうございます。

トムの写真を拝見しましたが、トムはかわいらしい猫だったんですね。お気持ちお察しいたします。早くまいじょさんの心が癒されることを願ってます。ホント、Chega de Saudade ですね。

まいじょさんのブログはいつもチェックしてますよ!リンクありがとうございます。また遊びにきてくださいね。
Comment by evergreen @ 2006/01/16 5:51 PM
愛猫をなくされたのですね。 心中お察しします。

実家で飼っていた三毛のチャコを思い出します。
歯磨き粉が大好きな猫で、嗅ぎつけると急いで掛けよりよじ登り、恍惚顔に。口端からちょっとでも垂れようものならペロリ舐め取られます。猫の体にはよくなさそうなので舐めさせないようにいつも必死に抵抗したものでした。稀にする勉強中も本やノートやらにドッカリ座り込み、テコでも動きません。ちょっと迷惑なんだけど微笑ましくて叱れない・・・どこの猫も一緒のようですね。
飼って数年で上京してしまったため、年1度の帰省でしか会えなくなりそれでも何年たとうが忘れずにいてくれたものです。あまりの愛おしさにギューッっと抱きしめすぎて逃げられることも何度もありました。
抱っこの嫌いな猫でしたが、晩年は甘えるようになり、年1回の帰省をたまたま取りやめ、あと2ヶ月で2年ぶりに会えると思っていた矢先に独りで逝ってしまいました。7年経ちますがチャコを思い出すと懐かしさで涙があふれます。そんな時は心が静まるまで我慢しないで泣き続けます。

トム君はまいじょさんのご家族に見守られ、体は苦しかったかもしれませんが、心は穏やかだったのでは・・・と思いたいです。。。
Comment by coo @ 2006/01/19 9:12 PM
トムのご冥福をお祈りします。

私も独身時代に猫を飼っておりました。
写真を見て、思わず・・「ダイテツ!!」と呼んでしまったほど、よく似ているアメショーでした。
自分でリビングのドアを開け閉めして、いつもTVの上に寝ているダイテツは、しっぽをぶらんとTVの真ん中に垂らしては、私たちのTVタイムを邪魔してくれました・・

ダイテツが逝って以来、猫好きの家族は
誰も猫を飼おうと言うことなく
あれからもう14年ほど経っています

これからフォーレのレクイエムを聞くと
トムくん(男の子ですよね?)を思い出すでしょう

Comment by D @ 2006/01/23 12:06 PM
TB&コメント、ありがとうございました。
トム君の哀しい記事たしか拝読した記憶がございました。
PCの後ろの隙間でまどろんでいるトムちゃん、可愛い!!
私は今のジジに逢えていなかったら「喪失感」に押しつぶされてきっと精神的におかしくなっていたと思います。
TBさせていただきました。
Comment by viva jiji @ 2006/09/04 9:30 AM
コメントする









トラックバック

サウダーヂ (Saudade) って何だろう?

最近なぜか頭から離れない歌詞がある。 それは、この前の「Passarim / Antonio Carlos Jobim 」で紹介した、"Samba do Soh...
From Evergreen Blog @ 2006/01/16 5:52 PM

ネコッチ大先生を偲んで

きょうは我が家の黒猫プリティ・ジジの 前の猫ちゃんのお話をさせてください。 名前は「ネコッチ大先生」。 名付け主はまだ同居していた時の息子。 通称ネコ先生。掲載写真参照。 推定年齢13歳以上で4年前の真冬に 居間のストーブの前で息をひきとりました。
From 映画と暮らす、日々に暮らす。 @ 2006/09/04 9:23 AM
このページの先頭へ