<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 和田誠「シネマ今昔問答」 | main | 愛猫トム、逝く >>

お熱いのがお好き

 ビリー・ワイルダー監督は、「七年目の浮気」(1955)を撮り終えたあと、「モンローとは二度と仕事はしない」と宣言しました。でも4年後、この映画の台本を読んでマリリン・モンローが出たいと言うのを聞いたときは、たいそう喜んだそうです。

お熱いのがお好き

 当初は、モンローの役をミッチー・ゲイナージャック・レモンの役をフランク・シナトラがやるはずでした。トニー・カーティスは当初から変わりませんが、キャスティングが当初のままであれば、まったく別の映画になっていたでしょう。

 撮影は、モンローの遅刻や、何十回も重ねるNGのために、スタッフも共演者も相当苦労したようです。でも、モンローの悪口をいう人はいません。モンローが、この映画に欠かせないということはみんなわかっていたし、当時の彼女が私生活で相当に苦しんでいることも知れ渡っていたのだと思います。

 映画は冒頭、怪しい霊柩車を追うパトカーとのカーチェイスで始まります。警察の弾を受けた棺からはなぜか液体が漏れ、棺を開けると酒壜が詰まっています。映画の舞台が禁酒法時代のシカゴであることを説明する見事な演出です。

 カーティスとレモンの2人が、ギャングによる殺人を偶然目撃したことから、ギャングに追われる身となります。窮した2人は女性バンドに潜り込んでシカゴから脱出をはかります。カーティスが、電話で女の声色をつかって女性バンドに応募する場面から、いきなり次の場面で2人は女装して駅のホームを歩いています。この切り替えが見事で、驚き、笑ってしまいます。

 カーティスの女装はなかなかきれいで今で言えばニューハーフ風なのに対し、レモンのそれはどうみても出来そこないのオカマです。

 カーティスとモンローが豪華なヨットの中で繰り広げるラブシーンが、この映画の最大の見せ場です。たぶん、当時の審査で通るすれすれのところしょうが、モンローが猛烈なアタックをかけているのに、いやらしく見えないのは不思議ですね。

 ラストシーン。不細工な女装のレモンと、彼女に求婚する富豪のジョー・E・ブラウンとの会話です。
「あなたとは結婚できないわ」
「なぜ」
「本物の金髪じゃないのよ」
「構わん」
「タバコも吸うわ」
「いいよ」
「サックス奏者と3年も暮らしてるわ」
「許すよ」
「子供が産めないわ」
「もらうさ」
「わかんないのね...ほら、オレは男なんだ」
「完璧な人間はいない」

 最後のひと言が効いています。
お熱いのがお好きending
JUGEMテーマ:名画



goo映画お熱いのがお好き
1959年 アメリカ
監督:ビリー・ワイルダー
IMDbSome Like It Hot


まいじょ * 映画 * 23:48 * comments(8) * trackbacks(14)

コメント

こんにちは。

最後のやり取り、ほんとに楽しかったです。
「完璧な人間はいない」って、すごく有名な台詞だったんですね。
後で知って、やっぱり語り継がれる映画ってすごいなぁと、
もっといろいろ観たくなりました。
Comment by chieko @ 2006/01/09 11:24 AM
ようこそ、chieko さん。

Nobody is perfect.
このセリフは、撮影の前日の印刷ぎりぎりに、ビリー・ワイルダーの共同脚本家I.A.L.ダイアモンドが思いついたものだそうです。

蓼食う虫も好き好きというとおり、不細工なレモンに惚れる男もいるんだと妙に感心してしまいます。
Comment by まいじょ @ 2006/01/09 12:44 PM
まいじょさん、明けましておめでとうございます。

年始早々「お熱いのがお好き」にまた触れられて嬉しいです。年末はモンローの写真集を購入して見入りました。

サイト名の大元の由来がわかり、よい新年の幕開けとなりましたね。和田誠さんといえば、私の好きな三谷幸喜さんと切っても切れないお人であり、記事の魅力もさることながら、サイト名の良さも大変な魅力と感じていました。毎回このサイト名をクリックする手がなにやら嬉しがるのです。

書き込みは少ないかも知れませんが
今年もいっぱいお邪魔します。
よろしくお願いします。
Comment by coo @ 2006/01/12 9:45 PM
TBありがとうございました。
キャスティングにそんな秘話があったのですね。
最初のキャストだったら、おっしゃるとおり別物になっていたかもしれませんね。
Comment by shake @ 2006/05/14 9:18 PM
初めてお便りします.
小生のサイトにC&TBありがとうございました.
私より一回り以上も上の方からいただけて少々緊張してしまいます. この映画を好きと言ってくださる方がなかなか出会えず,反応があったことに少しホッとしています.(文体にちょっぴりくすぐりを入れたことをお許しください…)
大好きなビリー・ワイルダー作品についてこれだけ網羅しているサイトあったとは知りませんでした.ゆっくり寄らせていただこうと思います.
それでは本日はご挨拶まで.今後ともよろしくお願いします.
Comment by ゴーシュ @ 2006/09/10 10:44 AM
はじめまして。トラックバック、それからコメント、どうもありがとうございました。
出来損ないのオカマ……ひ、ひどいー。それはそうと女装ってたのしいんですよ、したことあるんですけど(いきさつは敢えて割愛します)。あ、関係ないですか。
ダフネ役をシナトラが演じる話があったことは知りませんでした。なんだかとんでもないことになりそうですね。
Comment by ほっさん @ 2006/09/19 7:10 PM
まいじょさん、こんばんは。
TB&コメントありがとうございました。
まいじょさんの映画紹介はエピソードをよく調べられてて、興味深く読めます。
ダフネ役のJ.レモンは可笑しかったですね。シナトラでなくて良かった〜♪
Comment by モカ次郎 @ 2006/09/24 12:54 AM
コメントありがとうございます。
ファンクラブにいるほどのマリリン好きなので、彼女の映画の話なら何でもうれしいです。
シナトラの女装だったら…レモンよりはそれっぽいかもしれませんね。…出来上がってみないとわかりませんが。
ミッツィ・ゲイナーだったら、たんなる明るいアメリカンガールで、マリリンのような、とろけるような魅力はなかったでしょうね。(ゲイナー嬢の「南太平洋」は大好きですけれど!)

Comment by ボー @ 2010/02/09 11:50 PM
コメントする









トラックバック

お熱いのがお好き

タイトル: お熱いのがお好き〈特別編〉 最近の「コニー&カーラ」その他も、 この作品をモチーフにした作品は数多い。 観たい観たいと思いつつ長引いてしまった。 でもやはり大元のこの作品が一番面白いかも。 マリリン・モンローも「イヴの総て」でチラッと観
From 映画君の毎日 @ 2006/01/09 6:40 AM

お熱いのがお好き 特別編 SOME LIKE IT HOT (1959年/アメリカ)

初めて、観ました。 マリリン・モンロー。 すっごーい! セクシーなのに、めちゃくちゃ可愛い!! 動いてるマリリン・モンロー、やばかったです。 『レオン』でマチルダがマリリン・モンローの真似してるシーンを思い出しました(笑) マリリン・モンロー
From cube1555.com @ 2006/01/09 11:23 AM

お熱いのがお好き #74

1959??121? ?????θ???о?????ФΤ????????б顣å?κ????Ĥ??θ?????????? ?Х?ΰΥå??????Υ??Τ??ä?????μ?ä??Ĥ?Υ????餤????λ????????ä??Ĥ?褦??????? ????????ä??Τ?ľä???ä???顢?ĥХΡ??ä?????????ĥĥ餬???????????褦??ä?Υ
From 映画のせかい @ 2006/01/09 7:09 PM

「お熱いのがお好き」を観る。

「お熱いのがお好き」(1959)をDVDで。初見。よく聞かれる、今見ても古さを感じさせない名作という話は本当だった。 ギャングに追われることになってしまった2人の楽士が、女装して女性限定のバンドに紛れ込み、ドタバタの騒動を巻き起こす。たくさんの女性に囲まれ
From きおくのクスリ @ 2006/02/06 8:08 PM

『お熱いのがお好き』’59・米

原題:SOME LIKE IT HOTあらすじ禁酒法時代のシカゴ。酒場のミュージシャンジョー(トニー・カーチス)とジェリー(ジャック・レモン)はギャングのコロンボ一家が密告者を殺す場面を目撃してしまい一味に終われるはめに。マイアミに脱出した二人は女装
From 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ @ 2006/02/25 10:33 PM

お熱いのがお好き

古い作品なのですが、コメディのお手本ともいえるような作品です。 女装するトニー・カーティスとジャック・レモンの二人がとにかく傑作。
From シェイクで乾杯! @ 2006/05/14 9:34 PM

誰にも欠点はある----「お熱いのがお好き」

トニー・カーチスが、マリリン・モンローを口説く場面。 「僕は女性に感じないんだ」と、悩んでいるふりをするトニー・カーチスを、真剣に心配するマリリン・モンローは、「これはどう?」と愛らしく迫る。「ダメみたい」を繰り返すトニー・カーチスに、マリリンは、あ
From 未来報 @ 2006/09/09 12:06 PM

No One's Perfect .

-ビリー・ワイルダー 監督/ジャック・レモン 主演- 原題「SOME LIKE IT HOT」 邦題「 お熱いのがお好き 」 1959.4 日本公開 アメリカ 121min モノクロ/Eビスタ いやぁ,映画って本当にいいもんですね… この言葉ってビリー・ワイルダー作品を見て出たのが最初な
From 15夜通信 @ 2006/09/10 10:22 AM

真・映画日記『お熱いのがお好き』

8月31日(木) 前の日の朝は寝坊したり電車が止まったりで大変だったが、 この日は違った形で大変だった。 午前6時20分、新越谷からいつもの日比谷線直通ルートでなく半蔵門線直通の電車に乗る。 大手町で三田線に乗り換え内幸町へ。 地上に出て「タリーズ」でア
From CHEAP THRILL @ 2006/09/18 10:45 PM

お熱いのがお好き

ビリー・ワイルダー『お熱いのがお好き』。 舞台は禁酒法時代のシカゴ。殺人を目撃してしまったバンドマンのジョーとジェリーは犯人の追っ手から逃れるために女装し、名をそれぞれジョセフィーヌとダフネに改めてガールズジャズバンドに潜り込む。 ずいぶん久しぶりに
From hello stranger @ 2006/09/19 6:56 PM

おすすめ映画 『お熱いのがお好き』

禁酒法時代の1929年シカゴ。ギャングの抗争に巻き込まれた二人のバンドマン(トニー・カーティスとジャック・レモン)は、追っ手をかわすため女性ばかりの楽団に紛れ込み、マイアミへ逃れるが...女装した二人の男と、楽団で知り合った歌手のシュガー(マリリン・モン
From おすすめ映画 〜名作、感動、涙〜 @ 2006/09/23 2:15 PM

お熱いのがお好き

お熱いのがお好き〈特別編〉 ++story++ なぜか警察に追われる棺があった。 +++++++ この作品の見どころと言えば、マリリン・モンローのスケスケの変な衣装も気になるところです。が、やはり女装しなければいけなくなった主役の二人(ジャック・レモン&ジョン
From cino @ 2006/10/07 10:09 AM

お熱いのがお好き Some like it hot

映画のタイトルはよく知っていた。ふとあるきっかけでこの映画を見ることになった。久しぶりに白黒の映画を見た。名作はやはり名作として残るものだとあらためて実感した。 そもそも私はあまりマリリンモンローのことを知らない。知っているのは貧しい家に生まれ、スタ
From 毎日が発見 @ 2007/02/17 8:54 AM

「お熱いのがお好き」(10回目)

現在トップで紹介しているように、「午前十時の映画祭」で、約1年をかけて全国25か所の映画館で順番に上映中。
From 或る日の出来事 @ 2010/02/07 11:35 PM
このページの先頭へ