<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 「アルベルト・シュペーア」序説 | main | お熱いのがお好き >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

和田誠「シネマ今昔問答」

 あけましておめでとうございます。

 年末年始の小旅行の道中で、和田誠さんの「シネマ今昔問答」を読みました。

和田誠「シネマ今昔問答」

 当サイトの名前「お楽しみはこれから!」は、和田誠さんの「お楽しみはこれからだ」からいただいたものですが、さらにその元をたどるとアメリカの歌手アル・ジョルスンの伝記映画「ジョルスン物語」(1947)の中のセリフであり、「お楽しみはこれからだ」はジョルスンの決まり文句だったようです。
 原文は You ain't heard nothin' yet! 、直訳すると「あなたたちはまだ何も聞いていない」となりますが、高瀬鎮男さんの上手な意訳で「お楽しみはこれからだ」となったのだそうです。「シネマ今昔問答」のおかげで、自分のサイト名の由来を大元までたどることができました。
 なお、「ジョルスン物語」は、アメリカではそれより数年前に公開された「風と共に去りぬ」(1939)をしのぐ大ヒットになったそうです。

 「シネマ今昔問答」はクラシックから最近の映画まで幅広く取り上げられており、他にもいくつか面白いことがあったので、ここでは二つだけ書いておきます。

 「第十七捕虜収容所」で、ロバート・ストラウスが演じる兵隊がある女優の猛烈なファンを演じていました。その女優の名前はベティ・グレイブル。1940年代に突然人気が出て、戦時中、脚線美女優としてGIたちに大いに受けていたのだそうです。

 映画になる前の舞台版「マイ・フェア・レディ」は、ジュリー・アンドリュースが主役のイライザをやっていました。映画「マイ・フェア・レディ」では、ヒギンズ教授のレックス・ハリスンと、イライザの父親役スターリング・ハロウェイは舞台キャストを使ったのに、イライザはオードリー・ヘップバーンとなり、歌はもちろん吹き替えとなりました。
 ジュリー・アンドリュースは、
「それがハリウッドのシステムだから仕方がなかったんです」

と語っていますが、本当は口惜しかったことでしょう。
 でも「マイ・フェア・レディ」と同じ年に映画初出演のジュリー・アンドリュースは「メリー・ポピンズ」でアカデミー賞を取っており、レックス・ハリスンは「マイ・フェア・レディ」で取ったそうです。

まいじょ * * 19:00 * comments(4) * trackbacks(3)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:00 * - * -

コメント

明けましておめでとうございます!Jannitaです。今年もクラシック映画の記事、楽しく拝見させていただきます。
ブログタイトルの由来は和田さんだったのですね。私のブログタイトルはクリシュナムルティの「自由とは無限空間である」という言葉からいただきました。
今年もよろしくお願いいたします。(^_^)
Comment by Jannita @ 2006/01/04 8:08 AM
まいじょさん あけましておめでとうございます。

思い返せば私が、右も左もわからないままブログを始めて間もなく、一番にコメント戴いたのがまいじょさんでした!
嬉しかったですねぇ〜本当に!感激しましたよ〜。

まいじょさんもjannitaさんもブログタイトルの由来がとても高尚で、さすがだなって思います。
私は子育てサークルを主催してた時のサークル名「れいんぼー」だけは入れたかったという単純なものです。
始めは、日々の事を雑記に残そうと思っていましたが、今では映画感想だけになってしまいました。

また今年も私の未知の領域をまいじょさんのブログで教えていただきたいと思います。
今年もよろしくお願いします!

Comment by なぎさ @ 2006/01/04 12:59 PM
はじめまして

TBありがとうございました。
これからお邪魔させていただきますのでよろしくお願いします。
Comment by @ 2006/01/04 1:45 PM
まいじょさん、あけましておめでとうございます。
ブログタイトルはここからでしたか〜。
わたくしのcinoは替えようにもサーチエンジンに引っかかりやすいような気がして替えられなくなりました、トホホ。
またよろしくお願いします♪
Comment by かよちーの @ 2006/01/06 12:22 AM
コメントする









トラックバック

マイ・フェア・レディ

1964年度のアカデミー賞8部門に輝く、オードリー・ヘップバーン主演による不朽の傑作ミュージカル。 ワーナー・ホーム・ビデオ マイ・フェア・レディ 特別版 My Fair Lady アメリカ 1964年 オードリー・ヘップバーン、レックス・ハリソン、スタンリ
From 映画を観よう @ 2006/01/04 1:46 PM

『マイ・フェア・レディ』(米)

大学では、スペイン語を専攻しておりました。 スペイン語を専攻した理由は、たいしたことも無いのですが、 高校のときの恩師の「英語はもう6年間も学んだんだから、 他の言語を学んでみるのもいいかもしれないよ」という一言にピンと来て、 ならば、なるべくたくさ
From 極私的映画のススメ @ 2006/01/10 10:18 PM

お楽しみはこれからだ!

育児日記なのに、最近育児から離れてるわ〜。 さて、 「お楽しみはこれからだ!」という名言があるのですが、ご存じの方おられますか? この台詞は、初のトーキー映画『ジャズシンガー』で、映画史上初めて音声で発せられた台詞だそうです。 有名な台詞なので、古
From サブカルめがね主婦の育児日記 @ 2006/12/18 10:33 PM
このページの先頭へ