<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Bebel Gilberto - Tanto Tempo | main | 「アルベルト・シュペーア」序説 >>

紳士協定

 エリア・カザン監督が、反ユダヤ主義(ユダヤ人差別)の本質を鋭く描いた社会派ドラマです。

 グレゴリー・ペックは、ライターで、反ユダヤ主義を暴く記事を一流雑誌から依頼されました。この難しいテーマにどう切り込むかでさんざん迷ったグレゴリー・ペックは、自分がユダヤ人だと装うことによりどういうことが起こるかを身をもって体験することにしました。

紳士協定

 彼は、原稿を依頼した出版社社長の姪で、反ユダヤ主義を記事にする発案者でもある離婚経験をもつ女性(ドロシー・マクガイア)と出会ってまもなく恋におちいり、婚約します。

 でも当時のアメリカの反ユダヤ主義は今からは考えられないほどひどいもので、ユダヤ人は一流ホテルには泊まることもできず、たとえ金があっても高級住宅地からは排斥されていました。

 上流階級出身のマクガイアは、頭では反ユダヤ主義に反対しながら、婚約者がユダヤ人を装うことによって自分や家族にもたらす悪影響を憂慮します。彼女はペックの行動を抑制しようとしますが、ペックはそんな彼女を反ユダヤ主義と同様だと非難して、ついに婚約は破棄となります。

 ペックに未練のあるマクガイアは、ペックの親友で本物のユダヤ人のジョン・ガーフィールドにペックの自分に対する非難がいかに不当であるかを訴え、その証拠として、自分が出席したパーティーでのエピソードを話します。パーティーの席で、ゲストの一人が反ユダヤ主義的な中傷の言葉をふと漏らしたのに対し、彼女がいかに憤りと怒りを感じたかを訴えるのです。
「それで、君はどうしたんだ?」
「私、あの男を軽蔑したわ。同席している人皆があの男を軽蔑したわ」
「それで、その男が言い終わったとき、君はなんて言った?」
「席を立って出て行きたかったわ。同席している人たちにはこう言いたかった。『私たち、どうしてここに座って、こんなことを許しているんでしょう?』って」
「で、その後、君はどうした?」
「そこに座っていたわ。みんな、座っていただけ。ディナーが終わってから、私気分が悪いんで失礼しますって言ったけど。それは本当だったの。今でも、全身がむかつく感じよ」
「もしも、君がその男にぴしゃりといってやったら、今でもそんなに気分が悪いだろうか?」


 このやりとりを通じて、マクガイアは悔い改め、ペックは許しを与えます。こうしてヒーローとヒロインは再び結ばれ、前にもまして深く愛し合うことになります。

 善良な意図でつくられた、とてもよくできた映画だと思います。でも、完全無欠なペックに対して、マクガイアはあまりにも俗物として描かれているところがどうも納得いきません。この二人がこの先うまくいくとはどうしても思えないのです。むしろ、ペックに横恋慕する元祖キャリア・ウーマンのセレステ・ホルムの方が、よっぽどお似合いだと思います。また映画全体の印象としても、何だか鼻持ちならないものを感じます。

 エリア・カザンもやや自嘲気味に言っています。
「この映画には上から見下ろす視点がある。この人たちには理解という恩恵が必要だと勝手に決め込んで、それを施しているようなものだ。貴人の義務(ノブレス・オブリージ)というやつだ。」
「エリア・カザン自伝」(上)
JUGEMテーマ:名画




goo映画紳士協定
1947年 アメリカ
監督:エリア・カザン
IMDbGentleman's Agreement


まいじょ * 映画 * 00:57 * comments(3) * trackbacks(5)

コメント

コメントありがとうございます。エリア・カザンも当時は悩んだあげく、このような展開になったんでしょうね。
Comment by blue1toto @ 2006/09/18 2:39 PM
まいじょさん、こんばんは。TBありがとうございました。やはり、同じように感じるものだなぁと思いながらレビュー拝見しました。グレゴリー・ペックは完全無欠な役ほど面白みがないと思いますが、無欠ぶりでは劣らない『アラバマ物語』と比較しても作品に魅力を感じないのはやはり監督の演出が原因なんでしょうね。
Comment by FROST @ 2006/09/19 12:25 AM
コメントとトラックバックありがとうございます。
また私のちょっとした疑問にも、ご応答いただきまして有難う御座いました。
頂戴致しましたコメントへのお礼のコメントは、TBさせて頂きました私のレビューに認めました。
ご一読いただければ幸甚です。
Comment by アスカパパ @ 2007/10/13 2:57 PM
コメントする









トラックバック

(今日の映画)紳士協定

紳士協定 (1947/米) Gentleman's Agreement
From Kozmic Blues by TM @ 2006/09/11 10:45 AM

紳士協定

2006年−平成18年9月11日 DVD 1947年作品 GENTLEMAN’S AGREEMENT 紳士協定(1947) - goo 映画 エリア・カザン作品。この作品の内容を書物で知ってから、いつかは観ないといけないと思っていた。自由の国アメリカにおける人
From 私が観てきた映画など(Movieノートより) @ 2006/09/18 9:37 AM

紳士協定 1947年/アメリカ【DVD#73】

正統派社会ドラマ。テーマが1700年続く反ユダヤ主義ですから重いです。あからさまにユダヤ人差別を行う者たちよりも、それを黙って見ているだけで何もしないほうがよほど罪深い。という主張には納得感があります。ユダヤ人になりきることで出始めてその事実を痛感する、
From オールド・ムービー・パラダイス! @ 2006/09/19 12:17 AM

紳士協定 #237

1947??118??? ?ä????ηä????????????????Ĺ???????Ū???? ????????????????ä???????и亹?ź????Τ?Τ???Ф?????餺餺ο???Τä?????α??餺餺???ζ???Τ???????? о??Ω????6????ä????ĩ??Υ????å???????10Фλ??Υ???????ο???å(??)??Ūν????
From 映画のせかい @ 2006/09/19 8:07 AM

紳士協定

 「将校は嫌いだけど、特にユダヤ人の将校がな」の言葉には、デヴィッドでなくとも驚きました。声の持ち主に掴みかかった彼の心中を、フィルは身を以て知ることになります。自分の子供が虐められ、ホテル予約を拒否されて。  「自分は8週間ユダヤ人だった」の記事を
From アスカ・スタジオ @ 2007/10/13 2:45 PM
このページの先頭へ