<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 街角 | main | 十二人の怒れる男 >>

ユー・ガット・メール

 「めぐり違えたら」のノーラ・エフロン監督が、トム・ハンクスメグ・ライアンを使って、古い映画を下敷きとした作品を撮りました。「街角」のリメイクですが、ストーリーはまったく違ったものになっています。

ユー・ガット・メール

 メグ・ライアンは、ニューヨークの昔ながらの街で、児童書専門店「街角の店」を母から受け継いで細々と営んでいます。そこに現れたのが、トム・ハンクス。彼は、チェーン展開する大型書店の御曹司であり、メグ・ライアンの店の目の前に新しい大型店を出店する責任者です。

 ビジネスで敵対的な関係にある二人は、現実の世界では当然対立しますが、相手が誰であるか知らないネットの世界では次第に親密になっていきます。

 面白いのは、トム・ハンクスのおじいちゃんが、昔メグ・ライアンのお母さんと少しだけ交際していたというエピソードです。
「競合店は?」
「街角の店」
「シシリアの店だ」
「誰です?」
「シシリア・ケリー 美人で一度デートした覚えが...文通だったかな」

 これ以上語られるわけではありませんが、余韻の残るセリフです。おじいちゃんにも青春時代があった。その後一代で書店を大きくしていったおじいちゃんの苦労。そんなものがしのばれます。一方で、メグ・ライアンのお母さんは、街角の本屋を子供たちに愛されるものにしていった。

 この映画が公開された頃、日本でもAOLが攻勢をかけていて、一定期間試用できるディスクを秋葉原などで配っていました。私も短時間ですが、チャットやインスタント・メッセージ(だったかな? オンライン中なら相手の画面にショート・メッセージを表示する機能)にはまった覚えがあります。
JUGEMテーマ:名画



goo映画ユー・ガット・メール
1998年 アメリカ
監督:ノーラ・エフロン
IMDbYou've Got Mail


まいじょ * 映画 * 23:30 * comments(6) * trackbacks(8)

コメント

まいじょさん
おはようございます〜観ましたよ。やっと・・
街の本屋が消えてなくなる現象は今の日本を象徴しているようで。。
私は職場の隣が街の本屋さんだったのでよく立ち読みをしました〜
トム・ハンクスとメグ・ライアンの名コンビ・・
メールで恋が生まれる?とてもロマンチックなお話でした〜
「街角」も気になります〜
次回の紹介も楽しみにしております〜

Comment by miwako @ 2005/12/08 6:14 AM
miwako さん、ようこそ。
仕事の関係で、街の小さな本屋さんとも話したことがあるし、チェーン展開する書店の社長とも話したことがあります。
家族経営の小さな本屋は、毎日毎日大変な重労働が伴っており、大変なんだそうです。その上、駅前やショッピングセンターに大型書店ができると売上げががた落ちになり、やっていけなくなります。商店街の個人商店の衰退の象徴が「街角の書店」だと思います。
一方私が知っているチェーン書店は、駅前やショッピングセンターで撤退した書店の後に安く出店したり、食品スーパーに縮小しつつある総合スーパーの余剰床を安く借りたりして、短期間に多店舗展開を成功しました。でも、いくつか見た店舗は、売れる本しかおいていなくて、読みたい本がおいてないのです。店員も若い人ばかりで、何か聞いても無駄なような気がします。
街角の本屋が消えていくのは時代の流れかもしれませんが、個性的な青山ブックセンターが経営破綻したのは残念でなりません。自宅のそばのabcは、ありふれたチェーン店になってしまいました。
Comment by まいじょ @ 2005/12/08 4:36 PM
こんにちわ〜
ここ数年・・こちらS市も大通りから駅前に人の流れが変わりました。
駅前が大型ショッピングモールとなり映画館、本屋の老舗がこぞって大移動・・大通りファンの私などは寂しいです。
大きくなるほど本を探すのが大変で。。
まいじょさんと同じように読みたい本を探せど・・ホントな〜いのです。
息子達はインターネットで購入しているようですが・・私は近くのチェーン店に走ります。
30年後?はどうなっているのでしょう??
Comment by miwako @ 2005/12/09 12:11 PM
こんにちは^^
この映画大好きです。
この映画を見終わった後、すぐにAOLをつなげたのを覚えてますwww
Comment by こま @ 2005/12/13 12:54 PM
AOLはブロードバンド時代を先取りするような仕掛けがたくさん用意してあって、当時日本ではまだ現役だったパソコン通信の世界からみると、ホント夢のようでした。
でも2000年に発表されたAOLとタイム・ワーナーの合併は、約5年で破綻しました。世界中の企業の歴史の中で最大の失敗と言われています。
日本でも、放送とインターネットの統合をめぐって大金を動かしている人々も、この失敗を教訓とすべきだと思います。
Comment by まいじょ @ 2005/12/14 9:27 AM
こんばんは!
TBとコメントありがとうございました。

私はMACユーザーなので、メールのやり取りでアップルマークが出てくる度に嬉しかった記憶がありますね(笑)

良かったのはジョーが先にキャスリーンがメール相手だと知ってからの行動が想いやりがあって好きです。男はやっぱ包容力がないといけんませんよね。
Comment by 稲葉 @ 2006/02/02 10:19 PM
コメントする









トラックバック

ユー・ガット・メール

タイトル: ユー・ガット・メール この映画が大好きで、終わってからも観直した。 トム・ハンクスのラブコメの中では それほど人気で無いかもしれないが何だか好きなのだ。 いがみ合ってるほど絆が深くなるからだろうか。 でも間違いメールなんてな
From 映画君の毎日 @ 2005/12/05 10:38 PM

ユー・ガット・メール(1998/米)

YOU'VE GOT MAIL 監督:ノーラ・エフロン 出演:トム・ハンクス メグ・ライアン 「めぐり逢えたら」の主演コンビで、メールでのやりとりで心を通わせた、でも実生活では商売敵の男女の、恋を実らせるまでの物語。  これは元になったエルンスト・ルビッチ監督の「街
From 虫干し映画MEMO @ 2005/12/07 8:22 AM

モデム音が懐かしい 『ユー・ガット・メール』

本日の映画:ユー・ガット・メール 亡き母から受け継いだ街角の本屋を営むキャスリーン・ケリー。彼女は最近ハンドルネーム"NY152"と名乗るメール友達とメールの交換を楽しんでいる。そんなある日、彼女の本屋の近くに大手書店チェーンの出店が決定。ひょんなことから
From 毎日が映画日和 @ 2005/12/20 11:20 PM

映画『ユー・ガット・メール』

原題:You've Got Mail  −インターネットでめぐり逢い− 「桃色の店」での文通をEメールにリメイクしたというこの作品、今やブログの時代でメール交換というのは懐かしささえ覚える程、陳腐化の感も否めないが、やはり、ジョー・フォックス(トム・ハンクス
From 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 @ 2005/12/27 2:16 AM

ユー・ガット・メール

『ユー・ガット・メール』 1998年アメリカ(119分) 監督:ノーラ・エフロン 脚本:ノーラ・エフロン    デリア・エフロン 出演:トム・ハンクス    メグ・ライアン    グレッグ・キニア    パーカー・ポージー    ジーン・ステイプ
From WILD ROAD @ 2006/01/31 11:12 PM

「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」

●めぐり逢えたら………★★★ 【BSフジ】ケイリー・グラント&デボラ・カーの「めぐり逢い」や同じレオ・マッケリー監督の「邂逅(めぐりあい)」のリメイクらしいけど、元ネタの映画は残念ながら未見。トム・ハンクスとメグ・ライアンのやや押さえた演技がなかなかグ
From ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 @ 2006/09/13 7:39 AM

ユー・ガット・メール

【YOU'VE GOT MAIL】1998年/アメリカ 監督:ノーラ・エフロン   出演:トム・ハンクス/メグ・ライアン/グレッグ・キニア/パーカー・ポージー E-MAILを通して見知らぬ男女が心を通い合わせ恋をしていく。 今は自分自身も
From BLACK&WHITE @ 2006/09/16 11:34 PM

「ユー・ガット・メール」(You,ve Got Mail)

メグ・ライアン、トム・ハンクス主演、女流監督ノーラ・エフロンが1998年に撮ったロマンティック・コメディー「ユー・ガット・メール」(米、ノーラ・エフロン脚本、ジョージ・フェントン音楽、ワーナー映画配給)。ノーラ・エフロン三部作「恋人たちの予感」(89
From シネマ・ワンダーランド @ 2007/01/02 9:48 PM
このページの先頭へ