<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2日目(1) マジソンのダウンタウン | main | 2日目(3) 「ロミオとジュリエット」風車 >>

2日目(2) タリアセン

タリアセン
TaliesinExterior_Andrew-Pielage-3.jpg
タリアセン遠望
【出典】Taliesin East - Frank Lloyd Wright Foundation
 ライトは青春時代夏ごとに訪れた親族ゆかりの地ウィスコンシン州スプリンググリーンに、タリアセンという設計事務所と建築学校を兼ねた建築群と自宅、叔母たちの家などを建てた。タリアセンとは、ウェールズ語で「輝く眉」を意味し、これらの施設全体、または丘のいちばん上近くにたつライトの自宅をさす

タリアセンのビジター・センター
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1094b.jpg
ビジター・センターのアプローチ

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_10959.jpg
リバービュー・スプリング・グリーン・レストラン


ヒルサイド・スタジオとシアター
 タリアセン・フェローシップ建築群(ヒルサイド)は、ライトの弟子たちが共同生活をしながら建築を学ぶ学校と設計事務所を兼ね備えた一連の建築群である。1932年、生活費を稼ぐためにライトの妻オルギヴァンナは弟子を取ることを提案した。それがタリアセン・フェローシップだった。熱心な弟子は尊敬するライトと共に生活し働くために、年間650ドルを払って、ライトのもとに集まった。タリアセンを自給自足の共同体にするため、弟子には1日4時間の肉体労働が要求された

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1090c.jpg
ヒルサイドのダイニング(見下ろし)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_10934.jpg
ヒルサイドのダイニング(フロアから)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1091a.jpg
暖炉

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_10910.jpg
コーナーの窓

uk3UW1vNSmCDnDncZWkqew_thumb_10d47.jpg
スタジオで弟子を指導するライト

01「ヒルサイド」平面図.jpg
「ヒルサイド」平面図

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_10903.jpg
ヒルサイド・プレイハウスのシアター 

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_108ed.jpg
同上

02ヒルサイド・プレイハウス.jpg
ヒルサイド・プレイハウス(上:バルコニー階平面図、下:オーケストラ階平面図)


03ヒルサイド・シアターとダイニング、平面図.jpg
ヒルサイド・シアターとダイニング、平面図

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_10d72.jpg
ヒルサイドのサロン
 週末には音楽会が開かれた。ライト夫妻は一段高い段でくつろいでいる
【出典】『巨匠建築家 フランク・ロイド・ライト』


まいじょ * 旅行 * 14:30 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ