<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アルバーツラント | main | カンッピ礼拝堂 >>

ニューハウン

 8月3日、コペンハーゲンの運河に沿った街、ニューハウンを見に行った。

thumb_2015-08-03 21.11.35_1024.jpg
カラフルな建物
 飲食店やアンティークショップなどのカラフルな建物が軒を連ねている。
thumb_2015-08-03 21.16.23_1024.jpg
オープンカフェ
 コペンハーゲンでいちばん賑わいがあり、建物の前のカフェのテントが並んでいる。「人は人のいるところに集まる」(ヤン・ゲール『建物のあいだのアクティビティ』)

thumb_2015-08-03 21.22.47_1024.jpg
運河
 ニューハウンとは「新港」という意味であり、国王クリスチャン5世によって1670年代に建設された。埠頭となる運河があり、ヨットや観光船が行き来している。

thumb_2015-08-03 21.18.06_1024.jpg
腰掛ける人々
「エッジ効果として知られるように、公共空間の縁(エッジ)は人々を引きつける不思議な魅力を持っている。…私たちは背後を守られ、起こっている出来事に向かい合うことができる」(ヤン・ゲール『人間の街』)
まいじょ * 旅行 * 15:15 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ