<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ストロイエ | main | ニューハウン >>

アルバーツラント

 8月2日、アルバーツラント(Albertslund)というニュータウンを観てきた。コペンハーゲン中央駅から郊外電車に乗り約30分でアルバーツラント駅につく。環境共生都市として有名だが、センター地区の賑わいなど都市計画としてもみどころが多い。
 アルバーツラントはコペンハーゲンの大都市圏計画の一環としてつくられたニュータウンである。都市計画関係者には有名なフィンガープランと呼ばれるコペンハーゲンを中心として5方向に都市軸を延ばして都市の拡張を図る計画が策定されたのが1950年代。この都市軸に沿って、5本の鉄道が整備された。アルバーツラントはコペンハーゲンから西に15キロメートルほどのところにある。郊外鉄道B線の沿線にあり、人口は3万人程度だ。面積は23キロ平米。品川区と同じくらいだから決して大きくはない。そして、そのうち市街地面積は35%だけであり、65%が緑地となっている。駅を中心として市街地は集約されており、周縁部が緑地となっているが、東部は隣の自治体と市街地が連担している。計画は急ピッチで進められ、ある時にいきなり2000戸の住宅を擁する都市が出現したのである。当時の都市計画理論の理想を幕の内弁当のように詰め込んだニュータウンである。(berkeley さんのブログ「アーバン・ダイアリー」


thumb_2015-08-03 17.00.03_1024.jpg
自転車専用道
 デンマークは自転車・歩行者専用道路が多く整備されているが、他の都市と比べてもアルバーツラントは徹底している。その結果、子供達は学校へ道路を横断しないで通うことができ、デンマークの中でも歩行者や自転車の事故が非常に少ない自治体となっている。

thumb_2015-08-03 17.01.37_1024.jpg
サイン
 アルバーツラント駅前はショッピングセンターになっているが、それを案内するサイン。VelkommenはWelcomeで「ようこそ」。
  • Centerforeningen Albertslund Centrum


    • thumb_2015-08-03 17.02.30_1024.jpg
      ショッピングセンター
       計画戸数17,000戸の住宅、それを含めても人口3万人弱の都市のセンターのわりに、商業施設はとても充実している。大小のスーパーのほか、生鮮食品はもちろん、カバン、靴、ファッションなど買回り品の個店もたくさんあるし、飲食店もひと通りはそろっている。空き店舗はほとんどない。
       日本では、例えば多摩ニュータウンのセンター地区で百貨店が撤退したり、諏訪・永山などの近隣センターがシャッター街となっているのと比べると活気がある。

      thumb_2015-08-03 17.10.13_1024.jpg
      スーパーマーケット
       数千平方メートル規模の大型スーパーマーケットもある。

      thumb_2015-08-03 17.24.38_1024.jpg
      花壇

      thumb_2015-08-03 18.05.10_1024.jpg
      ベンチともなるステージ
       犬を連れた人々が楽しそうに歓談する。

      thumb_2015-08-03 17.26.18_1024.jpg
      映画館
       Musicteatret(音楽劇場)という名前だが、催しをみると今は映画上映が主のようだ。
      • MusikTeatret Albertslund


        • thumb_2015-08-03 17.31.16_1024.jpg
          運河
           やせこけた子供の像が並んで気持ち悪い。センスを疑う。

          thumb_2015-08-03 17.38.01_1024.jpg
          高齢者ケアセンター
           高齢者が日光浴をしながら語り合っている。ホームページを見ると、この施設は15年末で閉鎖し、新しいセンターに移転する予定という。立派な建物はまだまだ使えそうなので、リノベーションするのだろうか。
          • Albo Omsorgscenter


            • thumb_2015-08-03 17.41.20_1024.jpg
              デンマーク国際学生寮
               貯水池沿いには2階建ての寮が並んでいる。駅やセンターまで歩いて5分と立地もにいいし、すばらしい環境に恵まれている。
              • Danmarks Internationale Kollegium


                • thumb_2015-08-03 17.43.30_1024.jpg
                  アルバーツラント市役所
                   公共住宅が多く、移民もおおぜい住んでいるアルバーツラント市は決して豊かな市ではない。税収も少なく、補助金も得ている。しかし、市役所は立派だし、図書館などの公共施設も充実している。環境共生や子育て支援など、国に先駆けて先端的な取り組みを行ってきた。1980年代はじめから25年間市長をつとめた人のリーダーシップがよほど優れていたのだろうか。
                  • Albertslund Kommune


                    • thumb_2015-08-03 17.50.30_1024.jpg
                      アルバーツラント市立図書館
                       カウンターの前に立っているのはアフリカ系と思われる移民。他にもイスラム系のベールをかぶった女性もみかけた。
                      • Albertslund Bibliotek


                        • thumb_2015-08-03 17.50.39_1024.jpg
                          開架式
                           トップライトがあるために広い図書館のどこもが明るい。

                          thumb_2015-08-03 17.52.08_1024.jpg
                          キッズコーナー
                           図書館でも本屋でも、キッズコーナーがあるのが常識らしい。
まいじょ * 旅行 * 22:51 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ