<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山町筋 | main | 城端町 >>

加地邸

 展覧会「加地邸をひらく2015春−暮らしの記憶」の最終日の5月17日、加地邸を観てきた。フランク・ロイド・ライトの弟子の遠藤新の作品で、ふだんは未公開の建物である。


thumb_2015-05-17 13.54.11_1024.jpg
ゲート
 帝国ホテルや山邑邸と同じく大谷石が多用されている。

thumb_2015-05-17 13.54.32_1024.jpg
アプローチ 
 このアプローチは、ライトの住宅を彷彿させる。
 設計:遠藤新、竣工:1928年(昭和3年)

 建築家・遠藤新については、下記の井上裕一氏による解説が詳しい。

thumb_2015-05-17 13.54.53_1024.jpg
庭と居間をつなぐテラス

thumb_2015-05-17 14.13.33_1024.jpg
庭から2階の展望室を見上げる

 以下、室内撮影禁止のためGoogleで探した画像より。

IMG_5326-thumb-300x400.jpg
玄関ホール

block_00.jpg
吹き抜けの居間
 かつて西の中2階にはピアノが置いてあり、音響効果がとても良かったという。

IMG_5307.JPG
中2階より居間を見下ろす
 主寝室などがある2階と1階の居間が、中2階を介して、見えなくても様子がそれとなく分かる感じがとてもいい。
まいじょ * 旅行 * 13:22 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ