<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 山口蓬春記念館 | main | 加地邸 >>

山町筋

 高岡市の北陸街道(山町筋)沿いには、多くの土蔵造りの建物が残っている。これらの多くは、1900年(明治33年)の大火の後に建設されたものである。街並み形成のきっかけは、1893年(明治26年)の大火をきっかけとした川越の蔵造りの街並みとよく似ている。

山町筋1.jpg
山町筋1
 小馬出町。

山町筋2.jpg
山町筋2
 小馬出町。

yamacho01_3.jpg
山町筋重要伝統的建造物群保存地区
 高岡市ホームページより
塩崎利平商店.jpg
塩崎利平商店
 1900年(明治33年)建築。昭和通り(山町筋と直交する広幅員道路)の拡幅に伴い、1935年(昭和10年)改築。古い土蔵造りと新しい石造りの組合せが面白い。はかり(計量器)を扱う店。

筏井家住宅.jpg
筏井家住宅
 1903年(明治36年)建築。黒漆喰塗り壁による防火構造の美しい建物。糸などの卸商。

富山銀行本店.jpg
富山銀行本店
 1914年(大正4年)建築。設計:田辺淳吉(清水組=現清水建設)、監修:辰野金吾。旧高岡共立銀行本店。赤レンガの銀行として親しまれている。

井波屋仏壇店.jpg
井波屋仏壇店
 1905年(明治38年)建築。建築当初はお茶屋だった。正面意匠に鋳物製の唐草模様で飾る大きなアーチ窓がある。

薬肆.jpg
薬肆
 正式な店舗名は「棚田保寿堂」、肆とは店のこと。創業享和3年(1803年)で、200年以上高岡で薬商を続けている老舗。

高岡御車山会館.jpg
高岡御車山会館
 2015年(平成27年)開館。土蔵造りの家屋を模した鉄筋コンクリート造。有料ゾーンの吹き抜けの展示室には、高さ約10mの12面体ガラスケースに御車山1基が展示されており、全7基を4か月交代で通年展示され、2階より通常見ることの出来ない山車上部も見ることができる。

まいじょ * 旅行 * 11:44 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ