<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スーパープレゼンテーション | main | スーパープレゼン中学生 >>

劇団民藝「静かな落日」

 今日(4月29日)は、劇団民藝の公演 「静かな落日」を観に、新百合ヶ丘の麻生市民館に行ってきた。

「静かな落日」パンフレット
作=吉永仁郎
演出=高橋清祐
出演=伊藤孝雄 樫山文枝 水谷貞雄 安田正利 小杉勇二

 松川事件は、下山事件、三鷹事件と並び、第二次世界大戦後の「国鉄三大ミステリー事件」の一つといわれており、容疑者が逮捕され、第一審では容疑者20名が死刑を含む有罪判決を受けた。裁判が進むにつれ被告らの無実が明らかになり、作家の広津和郎が中央公論で無罪論を展開するなど、作家・知識人の支援運動が起こり、世論の関心も高まった。


 主人公は、広津和郎(伊藤孝雄)。父・広津柳浪(安田正利)から娘・広津桃子(樫山文枝)まで、広津家三代の家族を中心として、志賀直哉や宇野浩二といった作家仲間との交友を描いた物語である。小説を書くことへの情熱がやや冷めていた広津和郎が、ひょんなことから松川事件と関わることにより情熱が蘇ったこと。そして広津和郎が、政治的には中立で、この裁判を政治事件としてではなく、あくまで刑事事件としてただそうとしたことが描かれる。

「静かな落日」舞台

 劇団民藝の公演ではいつものことながら、伊藤孝雄や樫山文枝といったベテラン俳優の演技は安心して観ていられる。この演目は200回以上公演を重ねただけあって、照明を暗くしたときの場面展開も鮮やかだった。ただ、難をいえば、幕開きなどに流れたピアノの音楽は、余計だし、センスがないと私は感じた。

 今年も「川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)」の一環として、昨年に引き続き川崎市に避難している被災者も招待されていたようだ。会場はほぼ満席だった。劇団民藝の稽古場が川崎市(黒川)にあるおかげで、稽古場公演に気軽に行くことができたり、こうしたイベントを案内していただいて、本当にありがたいと思っている。



JUGEMテーマ:演劇・舞台
まいじょ * ステージ * 21:17 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ