<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2k540 | main | 丸の内・皇居の景観 >>

東京駅

 今朝の日経新聞に、「東京ステーションホテル、来月8日から予約受け付け」という記事が載っていた。価格は1室3万30円から80万8500円、客室数は150室だという。

 四半世紀ほど前、本の校正の仕事で、ステーションホテルに泊まり、男3人かんづめとなったことがある。内装や設備は古くさかったが、ヨーロッパの古いホテルのような空間やおいしいフランス料理を出すレストランはとても気に入った。

東京駅
東京駅

 復元したドームの屋根の素材は石巻市雄勝産の天然スレート。出荷準備を整えていたところを津波が襲い、その半分が使いものにならなくなったという。その後、どう調達したのか、ともかくドームは何とか復元できたようだ。


行幸通り
行幸通り

 東京駅を背にして、行幸通りから皇居をのぞむ。右手奥の東京海上ビル(設計:前川國男)は、1960年代に美観論争の元となったが、皇居からみてこれを上回る仰角となる超高層ビルが今では東京じゅうに林立するようになった。


 そういえば、私が担当した環状2号線(軍攻茵縫廛蹈献Дトでも、虎ノ門に建てようとしている高さ247メートルの再開発ビルが皇居からどのように見えるのか知りたいというので、宮内庁に説明に行ったことがある。古風な会議室に、たくさんの宮内庁職員が集まったのが印象的だった。

JPタワー
JPタワー

 東京中央郵便局の再開発問題で、西川善文日本郵政社長は当時の鳩山邦夫総務大臣から理不尽なバッシングを受けたと言って嘆いていたが、政治家もマスコミも熱しやすく冷めやすい。いつのまにか、JPタワーは完成間近になっている。でも、こんな中途半場な形でファサードの一皮だけ残すことを保存というのだろうか。東京駅の復元をやったJRや三菱一号館を再現した三菱地所に比べると、歴史に対する敬意が薄っぺらな気がする。それとも歴史的様式をまとわない近代建築は、保存する価値がないと決めつけられたのか。

JUGEMテーマ:日記・一般
まいじょ * ノンセクション * 17:17 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ