<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Eduardo Gudin & Vânia Bastos - Eduardo Gudin & Vânia Bastos | main | Carlos Lyra - Bossa Nova >>

Elis Regina & Antonio Carlos Jobim - Elis & Tom

 Elis ReginaAntonio Carlos Jobimをフィーチャーしたアルバムです。
Elis & Tom
 このアルバムを聴いただけで、Elis Reginaが天才的な歌手であったこと、Bossa Nova歌手として「超」一流であったことがわかります。Astrud Gilbertoのようなヘタウマ系のBossa Novaももちろん好きですが、こんなにうまく歌われると、やはり感動します。

 1曲目の「Aguas De Marco」でのJobimとの掛け合いなど、どうしてこんなに明るく楽しく歌えるのかと思えば、別の曲では悲しげに、あるいは深く心に秘めて歌い込んでいます。

 13曲目の「Chovendo Na Roseira」など、Jobimの意図通り、完璧な歌唱だと思います。
JUGEMテーマ:Bossa Nova



1974 Philips Elis & Tom
01 - Aguas De Marco
02 - Pois E
03 - So Tinha De Ser Com Voce
04 - Modinha
05 - Triste
06 - Corcovado
07 - O Que Tinha De Ser
08 - Retrato Em Branco E Preto
09 - Brigas Nunca Mais
10 - Por Toda A Minha Vida
11 - Fotografia
12 - Soneto De Separacao
13 - Chovendo Na Roseira
14 - Inutil Paisagem
まいじょ * 音楽 * 23:36 * comments(0) * trackbacks(2)

コメント

コメントする









トラックバック

Elis & Tom

「秋に聴きたいジャズ」シリーズの9枚目は、ボサノヴァのアルバムである。決してボサノヴァがジャズの一部だと思っているわけではないが、ボサノヴァとジャズは互いに大いに影響しあった、いわば従兄弟のような関係で、僕は垣根を意識せずに楽しんでいる。 ここで注
From ジャズ&オーディオ通信(from USA) @ 2005/11/03 6:41 PM

エリスの2度目の結婚

エリス エリス1980年の作品です。まずこれを書く前に「エリス1980」でいろいろ検索したんですが、全くブログのヒット無しで途方に暮れました。評価しているひともいるはずだと思うのだけど。実はこれを聴いて、エリスは70年代に力尽きたひとだと思っていた認識を改め
From マクシミリアンの日記 @ 2006/02/26 10:12 PM
このページの先頭へ