<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 影のない女 | main | 甚五郎本店 肉付け合い盛り >>

トゥーランドット

 2月19日(土)マリインスキー・オペラの来日公演プッチーニ「トゥーランドット」(NHKホール)を観てきた。

トゥーランドット

 第1幕、第2幕でトゥーランドットが歌う場面はそれほど多くないが、謎を出すセリフなど少し苦しげで、3年前マリインスキーのコンサートホールで聴いたグレギーナの声とは随分違って聞こえた。第3幕が始まる前「グレギーナは体調不良だが、本人の強い希望により最後まで出演します」とのアナウンスがあり、会場はどよめき、やがて拍手が起こった。グレギーナはこのところ何年かの来日公演では、調子がいま一つだと聞いたが、やはり今回もかと少しがっかりした。それでも、圧倒的な声で、他の歌手とは格の違いをみせたのはさすがである。

 昨年末にテレビ放映でみたゼッフィレリ演出、METでのグレギーナのトゥーランドットが声も演技も素晴らしかっただけに、今回の公演も大いに期待していたのであるが、グレギーナの本来の力が出せなかったのは少し残念である。

【スタッフ】
演出 : シャルル・ルポー
指揮 : ワレリー・ゲルギエフ
【キャスト】
カラフ :  アフメド・アガディ
トゥーランドット : マリア・グレギーナ
リュー : ナターリア・ティムチェンコ


JUGEMテーマ:音楽


まいじょ * オペラ * 09:18 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ