<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」の評判(その11) | main | オペラ「カラ兄」の映像 #8 >>

オペラ「カラ兄」の評判(その12)

 オペラ「カラマーゾフの兄弟」の批評の第12弾。今回は、2月3日と4日、モスクワのスタニスラフスキー&ネミロヴィチ・ダンチェンコ劇場で行われた公演についてであるが、今回は『Moscow Days』という英文のブログに掲載されたものである。拙訳で紹介する。
「カラマーゾフの兄弟」マリインスキー モスクワ公演

ヅサン・ボジャノヴィック

karamazov_mari_05

karamazov_mari_04

 マリインスキーの昨シーズンの初演の中からいくつかの作品を冬のモスクワで上演することは既に伝統となりつつある。今年は、既にシェドリンの「魅了された放浪者」(私はチケットを持っていたが、残念ながら行くことができなかった)が上演され、昨夜はスメルコフの「カラマーゾフの兄弟」が上演された。私は「ロゲル王」、「さまよえるオランダ人」のどちらかあるいは両方を観たいと思っていたが、2つの新作オペラがモスクワに来ることがとてもうれしかった。

 まず、20世紀と現代のオペラをロシアの聴衆に紹介しようというゲルギエフの勇敢さをたたえなければならない。そうした輝かしい動きの中で、「カラマーゾフの兄弟」のような完全な新作オペラを制作されることを人はただ支持できるだけだ。このオペラはここ数十年で初のマリインスキー制作の新作オペラであり、ボリショイでさえ「ローゼンタールの子供たち」を数年前に上演しただけであると知って驚いた。

 そうは言っても、この公演は本当に良くなかったと認めざるをえない。最初の一節からひどいスコアだとわかった。すべてのオペラの常套句や19世紀の音楽を混ぜたまったく支離滅裂なしろもので、19世紀のオペラとはまったく違い、いい旋律が一つとしてないのである。同様の非難は台本についてもいえる。まるで高校生が小説を3時間の舞台に要約したようなひどい試みで、ドストエフスキーの名作に何の洞察も入れていないものだった。概してこのオペラは私が今まで聴いた中で最も面白くない作品の一つである。

 もう一つの欠点は明らかに古典的な演出である。25歳の演出家(ワルハートフ)の仕事とは思えず、むしろ年金生活者の仕事のように思えた。舞台ははえたが、3つの場面が変化したあとはちょっと退屈だった。

 反対に、歌と演技は圧倒的に素晴らしかった。キャストはどんな劇場もうらやむほど高いレベルであった。でも、どんなに素晴らしいオーケストラとコーラス、そしてゲルギエフの情熱的な指揮が揃っても、この平凡なオペラをもっとましなものにことはできなかった。

 まだ観ていないのなら、観ないままでいることをおすすめする。

JUGEMテーマ:音楽


Moscow Days

Brothers Karamazov - Mariinsky in Moscow

Dusan Bogdanovic

This has already become a tradition for the Mariinsky to present several of it's last season premiers during the winter in Moscow. This year they've already shown Schedrin's "Enchanted Wanderer"(which I've had tickets for, but unfortunately was prevented from attending) and last night they've shown Smelkov's "Brothers Karamazov". I was hoping to see "King Roger" and/or even "Flying Dutchman", but was very glad that these two new operas came to Moscow.

First, I do have to say that I applaud Gergiev for being brave enough to present to the Russian audience(!!) 20th century and even contemporary operas. In that light, one can only support the production of a completely new piece, as was the case with the "Karamazovs". (I was surprised to realize that this was the first completely new opera produced by Mariinsky in decades, even the Bolshoi has had it's "Rosenthal's children" staged several years ago)

Having said that, I still have to admit that the show was really bad. And in the first line this regards the dreadful score. It was such a mix of all classical opera cliches, 19th century music, and the complete incoherence, and contrary 19th century operas, basically the complete lack of any decent tunes. The same goes for the libretto, which looked like a lame attempt of a high school student to compress and retell the whole novel within a three hour show, without ever trying to bring any insights into the Dostoevsky's masterpiece. Overall the opera in itself turned out to be one of the least interesting pieces of musical theater I've ever heard.

Another, drawback, is the overtly classical staging of the show. It looks more like a work of a pensioner, than a 25 (!!) year old director (Barhatov). The sets looked nice, but after three scene changes, one somehow gets bored.

On the other side, the singing and acting wer absolutely superb. The cast was on such a high level that any theater would dream of it. However, even this combined with wonderful orchestra, chorus and energetic conducting by Gergiev, just couldn't help this mediocre piece of musical theatre get any better.

If you haven't seen it, keep away.

まいじょ * オペラ * 22:55 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ