<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」の評判(その10) | main | オペラ「カラ兄」の評判(その12) >>

オペラ「カラ兄」の評判(その11)

 オペラ「カラマーゾフの兄弟」の批評の第11弾。前6回に引き続き、2月1日、ロンドンのバービカン・ホールで演奏会形式で行われた公演についてであるが、今回は『Guardian』に掲載されたものである。拙訳で紹介する。
カラマーゾフの兄弟

バービカン ロンドン

ジョージ・ホール
『ガーディアン』2009年2月4日(水)

 ここ30年で初めてマリインスキー劇場からオペラの委嘱を受けた作曲家、58歳のアレクサンドル・スメルコフは、求めに応じてドストエフスキーの巨大な小説を舞台にし、オペラは昨年7月サンクトペテルブルクで初演された。音楽監督でこのオペラの精神的な後見人であるワレリー・ゲルギエフの下で、カンパニーはバービカンの週末の最終夜に、演奏会形式で、このオペラの英国初演を行った。

 マリインスキーの文化の保守性については言うべきことがたくさんある。新作の委嘱までにあまりに時間を空いたので、これほど古風な曲でさえ満足したと思えるのかもしれない。このオペラの大部分は、130年前のチャイコフスキーの出来の悪い生徒の一人でも書けたはずだ。ムソルグスキー、ショスタコヴィッチ、プロコフィエフといった他の作曲家から羞恥心もなく引用している。その結果は新鮮さの欠如である。長く続いた既存の名作を聴衆に思い起こさせるようなロシアのオペラの伝統のハイライトのレビューに比べても、このオペラは新鮮みが欠けている。これはトリビュート・バンドの晩と同じようなものだ。

 スメルコフの才能を全く切り捨ててしまうのは正しくないかもしれない。作曲と編曲の技術的な手腕は十分に優れている。イワン役のアレクセイ・マルコフと悪魔役のアンドレイ・ポポフの二重唱と裁判のシーンでの大きなアンサンブルには個性と勢いがあった。でも、強い思考が欠けていることは、先人の才能に及ぶことができないまま先人の方法をまねるスメルコフではうまく取り繕うことができなかった。

 それにもかかわらず、カンパニーはこのオペラに対して最善の取り組みを行った。実際、すべての役は素晴らしく歌われ、オーケストラとゲルギエフは惜しみなく献身した。この作品が第一作であり、スメルコフが計画するドストエフスキー三部作の見通しはあまりに暗く、考えることさえできない。

JUGEMテーマ:音楽


Guardian

The Brothers Karamazov

George Hall
The Guardian, Wednesday 4 February 2009

The first composer in 30 years to receive an opera commission from the Mariinsky Theatre, 58-year-old Alexander Smelkov responded with a setting of Dostoyevsky's vast novel, which opened in St Petersburg last July. Under its music director and the opera's spiritual godfather, Valery Gergiev, the company gave the work its UK premiere in concert at the end of its Barbican weekend.

It says much about the conservatism of the Mariinsky's culture that, having waited so long to commission a new work, they should seem so pleased with such an old-fashioned score. Much of it could have been written 130 years ago by one of Tchaikovsky's less talented pupils. Other composers shamelessly drawn on include Mussorgsky, Shostakovich and Prokofiev. The result is less a new piece than a review of some of the highlights of the Russian operatic tradition serving to remind listeners of what a long series of masterpieces already exists. This is the equivalent of an evening of tribute bands.

It would be unfair to totally dismiss Smelkov's talent. His technical skills in vocal writing and orchestration are decent enough. A duet between Alexey Markov's Ivan and Andrey Popov's Devil and a big ensemble in the trial scene possessed a sense of character and momentum otherwise missing. But the dearth of strong ideas was poorly camouflaged by Smelkov borrowing the manner of his predecessors without being able to summon their genius.

The company, though, gave it its best shot. Virtually every role was finely sung and the orchestra and Gergiev were unstinting in commitment. But the prospect of Smelkov's planned Dostoyevsky trilogy, of which this is the first part, is too depressing to contemplate.

まいじょ * オペラ * 23:35 * comments(0) * trackbacks(1)

コメント

コメントする









トラックバック

ショルティの「展覧会の絵」「春の祭典」

表現のダイナミック・レンジの広さも驚異的で、デリケートな弱音から、怒涛のようなクライマックスまで、まったく破綻のない安定ぶりは、他の追随を許さないものがある。
From クラシック音楽ぶった斬り @ 2009/04/29 12:18 AM
このページの先頭へ