<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」の評判(その7) | main | オペラ「カラ兄」の評判(その9) >>

オペラ「カラ兄」の評判(その8)

 オペラ「カラマーゾフの兄弟」の批評の第8弾。前3回に引き続き、2月1日、ロンドンのバービカン・ホールで演奏会形式で行われた公演についてであるが、今回は『Financial Times』)に掲載されたものである。拙訳で紹介する。 karamazov_mari_01 マリインスキー劇場での世界初演(写真はIntermezzo
パッチワークの叙事詩

アンドリュー・クラーク

2009年2月2日

「スペードの女王」「デーモン」「カラマーゾフの兄弟」 バービカン ロンドン

 ロシアのオペラには二つの伝統がある。創造性の伝統と解釈性の伝統である。ワレリー・ゲルギエフは、20年前にサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場に来て以来、後者の解釈性の伝統に関してすばらしい成果を上げてきた。ゲルギエフは、ロシアが19世紀後半から20世紀前半にかけて偉大なオペラの国の1つであった時代の演目と歌劇の文化を復活した。マリインスキーの評価が国際的に回復されてきたところで、ここ2、3年は劇場の過去と現在の結合を図る一連のオペラを委託することにより、ゲルギエフは創造性の伝統にも着手した。 新作オペラ、アレクサンドル・スメルコフの「カラマーゾフの兄弟」は、日曜日のバービカンでイギリス初演を行った。マリインスキーの引越し公演では、ほかに黄金期の2つのオペラ、チャイコフスキーの「スペードの女王」とアントン・ルビンシテインの「デーモン」を演目とした。

 カラマーゾフの兄弟は奇妙な経験だった。スメルコフ(1950年生まれ)は、ロシアの外はもちろん、サンクトペテルブルクの外でもほとんど知られていない。開演前にスメルコフが行ったプレトークは散漫で、ショパン風の自作ピアノ音楽を弾き散らすことに大半の時間を費やしていたが、このオペラの作風は挑戦的な調性であると話しただけで、他には何の情報もなかった。文学の世界ですらドストエフスキーの巨大な小説が何を書いたのか結論が出ていないというのに、いったいなぜこの小説を音楽化しようとするのか。しかし、スメルコフは、この小説を表現するのに、この100年にわたる音楽形式をつなぎ合わせたパッチワークを用いた。すなわち、ムソルグスキー、チャイコフスキー、ショスタコヴィッチがひときわ目立つが、ブラームスの強調も少し弱めに使われている。その結果は、精巧にできた、とても歌いやすい楽曲による音楽の壁紙となったが、この小説の物語的な叙事詩や哲学的な次元を表現することはできず、小説自体がもつ個性に相当するものは何も表現しなかった。 

 スメルコフは、古典文学の名声とオペラ劇作家ユーリー・ディミトリンの能力を利用して、因習的な場面の連続に変えた。スメルコフは、ドストエフスキーの重要な女性登場人物の性格を変えるのに成功し、自堕落なグルーシェニカをオペラの妖婦とした。しかし、彼女を渇望するカラマーゾフ家の男たちと同様、グルーシェニカもスメルコフの人物描写が十分ではないため、魅惑されるというほどではなかった。カラマーゾフの兄弟は、合唱の高揚や対立的なアンサンブル、愛の二重唱、独唱等の寄せ集めとなって、セックスや強欲、家族の不和をとりあげた、単なるホームドラマとなっている。

 スメルコフがそれに値しないにもかかわらずマリインスキー劇場は彼に全幅の信頼をおき、すべての音を信じきって演奏した。ゲルギエフがこの独創性のない音楽で同時代の人々の心を動かすことができると思っているとすれば、それは間違っている。ロシアにおける新しいオペラの探求は、50年以上前のプロコフィエフの死以来途絶えていたが、今後も探求は続くだろう。

 去年の夏サンクト・ペテルスブルクでの「カラマーゾフの兄弟」初演は、マリインスキー劇場の伝統に捧げられたものだったので、聴衆にも好意的に受け取られた。マリインスキーは、内部の訓練システムで養成することにより、歌手たちを無尽蔵に供給し、つねに更新を続けている。今回のロンドン引越し公演では、いくつか記憶に残るものもあったが、クリスティーナ・カプスチンスカヤほど強烈な印象を残したものはほかにない。彼女は、ソプラノのような質のメゾソプラノで、カリスマ的なグルーシェニカを演じた。他に、光沢があるエンジェル(「デーモン」)はコンサート・ホールにマリインスキー劇場独特の雰囲気を醸し出した。独壇場となったポリーナ(「スペードの女王」)、その他すべてのマリインスキーのソリストたちと同様、動物的な力と本能的な強さでデーモンを演じたエフゲニー・ニキチンもそうである。3番目に注目すべき名前は、バリトンのアレクセイ・マルコフで、チャイコフスキーと同様に高い栄誉をスメルコフにもたらした。

 すばらしいウラジミール・ガルシン(ゲルマン)とイルマ・ギゴラティ(タマーラ)、ゲンナジー・ベズベンコフ、その他マリインスキーの老練で頼りになるメンバーたち、献呈と全く独特の音のためのオーケストラにコーラス、そうした軽いタッチで彼の音楽一家を囲いに入れるためのゲルギエフに花束を捧げたい。
karamazov_mari_02 マリインスキー劇場での世界初演(写真はIntermezzo
 スメルコフの音楽が成功していないという点では、イギリスの評論家たちの意見は共通しているようだ。
JUGEMテーマ:音楽

Financial Times

An epic clothed in patchwork

By Andrew Clark

Published: February 2 2009 19:32 | Last updated: February 2 2009 19:32

The Queen of Spades/The Demon/The Brothers Karamazov, Barbican, London

There are two traditions in Russian opera ? the creative and the interpretative. Since coming to power at St Petersburg’s Mariinsky Theatre 20 years ago, Valery Gergiev has done wonders for the latter, restoring the repertoire and singing culture that made Russia one of the great operatic nations of the late 19th and early 20th centuries. In the past couple of years, with the Mariinsky’s reputation re-established internationally, he has addressed himself to its creative tradition, commissioning a series of operas that he hopes will unite the theatre’s past and present. The latest, Alexander Smelkov’s The Brothers Karamazov, had its UK premiere at the Barbican on Sunday ? part of a Mariinsky visit that featured two operas from its golden age, Tchaikovsky’s The Queen of Spades and Anton Rubinstein’s The Demon.


Decisive impact: Kristina Kapustinskaya (centre)
The Brothers Karamazov was a bizarre experience. Smelkov (born 1950) is little known outside St Petersburg, never mind Russia. His chaotic pre-performance talk, most of which he spent splashing through his own sub-Chopin-esque piano music, offered no illumination other than to tell us that the opera’s idiom is defiantly tonal. Why anyone should choose to musick Dostoyevsky’s gargantuan novel, when even the literary world cannot agree what it is about, is a mystery. But to clothe it, as Smelkov does, in a patchwork of 100-year-old musical styles ? Mussorgsky, Tchaikovsky and Shostakovich to the fore, with a dash of Brahms ? only weakens the case. The result is a well-crafted, eminently singable piece of musical wallpaper that fails to reflect the epic narrative or philosophical dimensions of the book and offers no compensating personality of its own.

Smelkov simply trades on the fame of a literary classic and the ability of his librettist, Yuri Dimitrin, to reduce it to a sequence of conventional scenes. He does succeed in transforming Dostoyevsky’s pivotal female character, the sluttish Grushenka, into an operatic femme fatale, but like all the male Karamazovs who lust after her, she is not given a big enough profile to anchor the piece. The Brothers Karamazov becomes just another soap opera about sex, greed and family strife, strung together with the full panoply of choral tableau, confrontational ensemble, love duet and solo scena.

The Mariinsky performs as if it believes in every note, giving Smelkov a credibility he doesn’t deserve. If Gergiev thinks he can tick the “contemporary” box with this derivative tosh, he is mistaken. The search for the new Russian opera ? a genre defunct since Prokofiev’s death more than 50 years ago ? goes on.

That The Brothers Karamazov has been so well-received by audiences since its St Petersburg premiere last summer is a tribute to the Mariinsky’s performing tradition, which continues to renew itself with an apparently inexhaustible supply of singers, mostly nurtured by the theatre’s own training system. Several had a decisive impact on this London visit ? none more so than Kristina Kapustinskaya. A mezzo with soprano-like qualities, she made a charismatic Grushenka, a lustrous Angel (The Demon), a scene-stealing Polina (The Queen of Spades). Like all other Mariinsky soloists, she brings the smell of theatre to the concert hall ? a talent exemplified by Yevgeny Nikitin’s Demon, in a performance of animal magnetism and visceral intensity. The third name to note is the baritone Alexey Markov, gracing Smelkov with the same dignity he brought to Tchaikovsky.

Bouquets to the magnificent Vladimir Galusin (Herman) and Irma Gigolaty (Tamara), to Gennady Bezzubenkov and the Mariinsky’s other “old dependables”, to orchestra and chorus for their dedication and utterly distinctive sound, and to Gergiev for corralling his musical family with such a light touch.

 

まいじょ * オペラ * 11:12 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ