<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」の評判(その5) | main | オペラ「カラ兄」の評判(その7) >>

オペラ「カラ兄」の評判(その6)

 オペラ「カラマーゾフの兄弟」の批評の第6弾。前回に引き続き、2月1日、ロンドンのバービカン・ホールで演奏会形式で行われた公演についてであるが、今回は『The Times』)に掲載されたものである。拙訳で紹介する。

090201karamazov_bervican_04

イワン役のアレクセイ・マルコフ(写真は、Intermezzoより)

2009年2月4日

カラマーゾフの兄弟 バービカン

ゲオフ・ブラウン

 これらの蝶ネクタイ姿の男たち、葬儀屋のように舞台に出入りし、苦悩や色欲を見せる登場人物たちは誰なのか。演奏会形式のオペラでドラマチックな雰囲気を出すのはいつも簡単ではない。だが、このオペラで台本に詰め込まれたドストエフスキーの小説「カラマーゾフの兄弟」を理解することは、大向うの観客を試すような仕事である。

 あの男は兄弟のうち誰なのか? ミーチャか、イワンか、アリョーシャか、スメルジャコフか? このオペラは、昨年の夏、サンクト・ペテルスブルクの初演では回転するセットで上演されたが、その初期の旋風では、簡単すぎて脳がぼけるほどだった。 同じようにアレクサンドル・スメルコフのむらのある音楽は、聴いていてめまいがするほど簡単であり、1890年の衝撃がない調性で作られていた。

 しかし、ワレリー・ゲルギエフとマリインスキー劇場の気鋭の軍団が暗闇を突き進み第2幕に入るまでは、暗いとはいえ、まだ真っ暗ではなかった。

 歌声と役作りによって、登場人物に光をもたらした。ワシリー・ゴルシコフは、子育てをしないカラマーゾフ家の父親で、この最も哲学的な推理小説の引き金となる殺人事件で殺される、フョードルの放蕩な性格を表した。ウラジスラフ・スリムスキーが見せた信心深いアリョーシャの苦悩は、心を揺さぶらせた。アヴグスト・アモノフのテノールは、頭の頂部は禿げだが、放蕩なミーチャに適度の苦悩をもたらした。

 エレーナ・ネベラのカテリーナ・イヴァノヴナは、クリスティーナ・カプスチンスカヤのグルーシェニカ(このオペラのイゼベル)より多くの個性を表現したが、二人とも会場を震わせる方法を知っていた。アレクサンドル・モロゾフの大審問官(ユーリー・ディミトリンの台本で発育不全の登場人物)も、マリインスキー劇場の一座も、場違いの制服を着たエルサム・カレッジ合唱団もためらいがなかった。

 スメルコフのスコアは、結局、ある種の焦点に滑り込んだ。 スメルコフはゲルギエフの学生時代からの友達であり、彼の作品(他の5つのオペラを含む)はいつもロシア国内にとどまっていた。われわれは輝ける才能の不在に気づいたわけではなく、このカラマーゾフは「泥棒かささぎ」の仕事だということだ。でも、彼は賢い作曲家である。そして、彼の泥棒は適切であるとことに気づかされる。怪奇なショスタコーヴィッチがここにあり、 炎熱のチャイコフスキーがそこにあり、時には甘くなったプッチーニがあらわれるといった具合である。

 最も感激的なのはロシアの東方正教会の聖歌を思わせる音楽であり、ダブルベースと鐘の伴奏で8人の主要人物が共に有罪について思索するところである。私はまもなくこのカラマーゾフの暗闇を忘れるだろうが、この哀歌は心に残るだろう。
090201karamazov_bervican_05
右:フョードル役のニコライ・ガシエフ(写真は、Intermezzoより)

 『The Times』でもスメルコフの音楽に対する評価は手厳しい。
090201karamazov_bervican_07
左:グルーシェニカ役のクリスティーナ・カプスチンスカヤと右:作曲家のアレクサンドル・スメルコフ(写真は、Intermezzoより)
JUGEMテーマ:音楽

From The Times

February 4, 2009

The Brothers Karamazov at the Barbican

Geoff Brown

Who were these bow-tied characters processing on and off the platform like undertakers, thrusting their lusts and agonies in our faces? Making dramatic sense of operas in concert versions isn't always easy. But fathoming a version of Dostoevsky's novel The Brothers Karamazov, its tumbling pages squeezed into a libretto's concertina, is a task to test the gods.

Which brother was that? Mitya, Ivan, Alyosha, Smerdyakov? During the early whirlwind (the scenes were staged on a revolving set in last summer's St Petersburg premiere) it was easy enough for the brain to blur. Easy as well to become woozy over the uneven music of Alexander Smelkov, often cast in a tonal idiom that wouldn't shock 1890.

But by the time Valery Gergiev and his trenchant Mariinsky Theatre forces had ploughed through the gloom into Act II, the gloom wasn't so gloomy after all.

Voices and characterisations brought their own light. Vassily Gorshkov bestowed a suitably dissipated glint upon Feodor, the uncaring Karamazov father, dispatched in the murder that triggers this most philosophical whodunnit. Vladislav Sulimsky's torments as the God-fearing Alyosha shivered the skin. Avgust Amonov's tenor, balding on top, brought an added, appropriate agony to the debauched Mitya.

Elena Nebera's Katerina Ivanovna displayed more individuality than Kristina Kapustinskaya's Grushenka, the opera's Jezebel, but both knew how to shake the rafters. No holding back, either, from Alexander Morozov's Inquisitor (a stunted character in Yuri Dimitrin's libretto), the Mariinsky troops, or the piping Eltham College Trebles, incongruous in their school uniforms.

Even Smelkov's score eventually slipped into some kind of focus. A student buddy of Gergiev, Smelkov's works (five other operas included) have usually stayed put inside Russia. We haven't missed any flaming genius: this Karamazov is the work of a thieving magpie. But he's a clever orchestrator, and his thefts often prove appropriate in context: grotesque Shostakovich here; torrid Tchaikovsky there, sometimes sweetened with Puccini.

The most affecting chunk leant on Russian Orthodox chant, with the eight principal characters meditating on communal guilt over droning double-basses and bells. I'll soon forget the murk in this Karamazov, but that elegy at least will stay in the mind.

 

まいじょ * オペラ * 23:59 * comments(0) * trackbacks(1)

コメント

コメントする









トラックバック

デル・モナコ、ボルク、テバルディの「トゥーランドット」

エレーデ盤はいまなおスリリングでエキサイティングな名演である。
From クラシック音楽ぶった斬り @ 2009/02/25 6:42 AM
このページの先頭へ