<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #25 | main | オペラ「カラ兄」の映像 #1 >>

オペラ「カラ兄」の評判(その3)

 世界初演オペラ「カラマーゾフの兄弟」の批評の第3弾。今回は、日本の読売新聞の文化欄に亀山郁夫先生が書かれたものである。

壮大な大衆オペラ誕生 「カラマーゾフの兄弟」(1/3)
亀山郁夫 

 美しい初夏の季節にロシア第二の都市サンクトペテルブルクで催される恒例の音楽祭「白夜祭」。今年の最後を飾ったのは、ドストエフスキー原作のオペラ「カラマーゾフの兄弟」の世界初演だった。幸運にしてマリインスキー劇場で、その舞台を観る機会に恵まれた。

 今回の作品は、同劇場総裁で世界的指揮者のワレリー・ゲルギエフじきじきの委嘱により誕生したとあって前評判も高く、7月23日の初演当日は、通路まで観客が溢れる大盛況となった。

 アレクサンドル・スメルコフ作曲のオペラは全2幕25場、上演時間3時間という大作。ご存じの通り、ドストエフスキーの原作は、カラマーゾフ家に起きた父殺しの犯人探しというミステリー仕立ての粗筋に加え、人間の自由、神の存否などをめぐる哲学的な議論がからみあう複雑な内容をもつ。私自身、オペラ化の試み自体どこまで可能か、少なからず懸念していた。

 だが嬉しいことにその懸念は見事に払拭され、ワシリー・ワルハートフ演出の舞台は、芸術の香り高い正統派オペラというより、むしろ「大衆オペラ」として稀にみる充実した内容を見せてくれた。

(2008年9月2日『読売新聞』朝刊)


 ここで「通路まで観客が溢れる」状況とは、劇場が通路に普段はおかない補助椅子まで並べて収容観客数を増やしたということで、快適性とか安全性といった面ではやや問題があった。でも、それだけ超満員なだけに客席の熱気はものすごいものがあった。

 なにせ世界初演なので、事前に知り得た情報などほとんどないに等しかった。ロシア語による公演(ただし英語字幕あり)で、 ロシア語の分からない私には、ストーリーが追うことができるか不安であった。幸いなことに劇場内で購入したパンフレットには、ロシア語のほかに英語でも台本のあらすじが書かれていた。開演前の時間(ゲルギエフはだいたい開演予定時刻から20分ほど遅れる)を利用して、必死であらすじを頭に入れた。また、公演中は英語字幕をできるだけ見ないで、歌を聴くことに集中した。

 セリフが絶え間なく連続するこのオペラのペースに外国人がついていくには、少なくとも原作を一度は読んだことがあるか、または私のように直前にあらすじを熟読することが必要ではないかと思う。そうした予備知識なしに、このオペラだけを観ただけでポイントがつかめむのはかなり難しいと思った。このオペラは決して理解しやすい簡単なものではない。はたしてこれを大衆オペラというのだろうか。
壮大な大衆オペラ誕生 「カラマーゾフの兄弟」(2/3)

 何よりユーリー・ディミトリンの台本が素晴らしい。原作を驚くほど正確になぞり、カギとなる言葉は一つとして省かれていない。有名な「大審問官」の物語は、複数のシーンに分散され、前編を通して一つの物語として現れる手法がとられた。神と専制政治をめぐる深遠な対話である「大審問官」が伏線になることで、大衆オペラにもかかわらず、一種の「神秘劇」としての壮麗な深みが加わった。

 その反面、原作では「父殺し」の主題にからめて提示される異端派のモチーフには踏み込まず、ロシアが歴史的に抱える悲劇の根源を描ききるには至らなかった。これはおそらく大衆オペラとしての限界かもしれない。

(2008年9月2日『読売新聞』朝刊)

 それにしてもあれだけ長編のドストエフスキーの原作を、よくも3時間のオペラに圧縮し翻案できたものだ。そのことにまずは驚かされた。このオペラが、大衆に迎合して話の分かりやすさだけを求めたとすれば、「大審問官」の物語や「神は存在するか否か」といった問答は真っ先に切り捨てたであろう。モークロエの酒宴やミーチャの裁判といった見せ場により多くの時間を費やすこともできたはずだ。

 しかし、ディミトリンやスメルコフはそうしなかった。彼らが原作を正確になぞり、重要な概念を切り捨てなかったことは認めよう。しかし、そのために全体が濃密すぎて息苦しくなっているようにも感じた。

 私たちは、映画などで原作の部分をばっさりと切り捨てながら、原作の全体を見事に再現している例を知っている。 例えば、スタインベックの小説によるエリア・カザン監督の映画「エデンの東」である。映画は原作の後半部分しか描いていないが、前半のエッセンスを見事に織り込んで、前半でしか語られない部分をさりげなく説明しているのである。

 オペラ「カラマーゾフの兄弟」は、おそらく切り捨て方が少し足りなかったのだろう。歌やセリフの量をもう少し抑えて、オーケストラが演奏する時間を長くすれば、もう少し聴きやすい、間のある音楽になったかもしれない。
壮大な大衆オペラ誕生 「カラマーゾフの兄弟」(3/3)

 スメルコフはポストモダン風に過去の作品を随所に重ね、打楽器を活用したスケール感豊かな音楽を作りあげた。場面に合わせ、音楽のスタイルはカメレオンのように変化する。チャイコフスキーもどきの美しいアリアもあれば、ショスタコービッチもどきの鮮烈な不協和音もあり、さらにはカトリックの典礼音楽を思わせる荘厳な響きを取り込むなど、片時も耳を飽きさせることがなかった。

 一言でいえば壮大なキッチュ−−。統一的スタイルの欠如という点で批判があるかもしれないが、私は芸術性を重視するマリインスキーが珍しく挑んだ、新作大衆オペラの誕生を心から寿ぎたい。

 終演後の興奮冷めやらぬ客席で、私はあるロシア人作家の言葉を反芻していた。<人間は三つの類に分かれる。まず『カラマーゾフの兄弟』を読了した人間、次にこれから読もうという人間、そして第三に未来永劫決して手に取ろうとしない人間……>

 しかし初演の夜、鳴りやまぬ拍手の中に身を置いた多くの「第三」の人々が、このオペラを通して原作の持つ無限の魂の広がりにわずかでも触れることができたのではないかと思っている。
 (ロシア文学者、東京外国語大学長)

(2008年9月2日『読売新聞』朝刊)


 「大衆オペラ」とか「キッチュ」というと、芸術とか正統と対極にあるように感じられ、きわめて真面目につくられたこのオペラを冒涜しているようにも思える。だが、オペラ「カラマーゾフの兄弟」を見終わったときの高揚感や陶酔感は、これまで正統派オペラでは味わったことのないものだった。どこか遠くの離れた世界の出来事ではなく、現実の身近な世界の出来事のようにも感じられた。これは同時代の作曲家による世界初演への期待が裏切られなかったことの喜びだけではないだろう。このオペラによって、何か新しいエネルギーをもらい、満足感と充足感を得たという感触は今も鮮明に覚えている。あの時、会場にぎっしりといた観衆のうちの何人かは、「第三」の人から「第二」の人になり、そのうちまた何人かは今頃「第一」の人になっていると思う。

 大衆オペラ万歳! カラマーゾフ万歳! である。

JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:ロシア
まいじょ * オペラ * 12:16 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ