<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #24 | main | オペラ「カラ兄」の評判(その3) >>

オペラ「カラ兄」あらすじ #25

オペラ「カラマーゾフの兄弟」のあらすじの第25弾(最終回)。

モークロエ
 写真は、モークロエでの大騒ぎ(第18場)(写真出典:マリインスキー劇場のホームページ

第25場 放浪者(後奏曲)
 もう一度大審問官と火刑の十字架がぼんやりと現れて、その向こうには放浪者がいる。
 法廷の裁判長の声が聞こえる。「強盗が目的の計画殺人の罪で起訴されたのだな?」
 大審問官は放浪者にいう。「まわりを見てみよ! あれから15世紀が経過した。さあ、現在の民衆を見てみよ。昔と今と、どちらの民衆の方がおまえ自身が定めたところまで高められると思うか」
 男性の声。「有罪。」「有罪。」「有罪。」…。
 大審問官が宣言する。「明日おまえは火刑に処せられる。」
 放浪者はゆっくりと火刑の十字架を通り抜け、舞台の前の方に近づき、聴衆を見つめる。放浪者は大審問官に近づき、血の気のない唇にキスして、ゆっくり見えなくなる。
 子供の合唱の声が聞こえる。「夜は静かだ。夏の夜は……」
要約:ユーリー・ディミトリン
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:ロシア


25. The Wanderer (Postlude)
Once again the Grand Inquisitor and the prison bars loom up, the Wanderer beyond them. The voice of the foreman of the court can be heard: "Is the accused guilty of premeditated murder with the intent of robbery?" The Grand Inquisitor (to the Wanderer): "Look about! Thus fifteen centuries have passed… A moment, look at them: which of them would you raise to your own level?" Men´s voices: "Yes. Guilty … Yes. Guilty… Yes. Yes. Guilty…" The Grand Inquisitor proclaims "Tomorrow you will be burnt." The Wanderer, slowing down, passes through the bars, approaches the front of the stage, stares at the audience, goes to the Grand Inquisitor, kisses his bloodless lips and slowly disappears. A children´s chorus can be heard: "The evening is quiet, it is a summer´s eve…"
Compiled by Yuri Dimitrin
(The Brothers Karamazov - SYNOPSIS)
まいじょ * オペラ * 00:01 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ