<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #23 | main | オペラ「カラ兄」あらすじ #25 >>

オペラ「カラ兄」あらすじ #24

オペラ「カラマーゾフの兄弟」のあらすじの第24弾。

法廷
 写真は、ミーチャの裁判のシーン(第24場)(写真出典:visualrian

第24場 起立!開廷
 法廷。ミーチャがベンチに座る。アレクセイ、グルーシェニカ、カテリーナ・イヴァーノヴナも同様。裁判長、陪審員、傍聴人。
 声が聞こえる。「退職中尉ドミートリー・カラマーゾフは殺人、父親殺害で起訴された。」
 アリョーシャは言う。「兄は無実です。彼を信じてください!」
  カテリーナ・イヴァーノヴナも声を合わせる。「彼を信じてください!」
 グルーシェニカは話す。「私が有罪です。すべては私が原因で起こったのです。彼を信じてください。」
 イワンが法廷に現れる。紙幣の束を振りかざして、彼は言う。「ここに金がある。これがすべてだ。私はこの金をスメルジャコフから受け取った。スメルジャコフが殺した。だがスメルジャコフに殺せと言ったのは私だ。」カテリーナ・イヴァーノヴナが叫ぶ。「この人は病気です。熱があるのです!」
 傍聴人と陪審員が答える。「彼は狂っているぞ!」イワンは割り込んで言う。「兄を釈放しろ。そして私を逮捕するのだ!」
 カテリーナ・イヴァーノヴナが再び言う。「私は言わなければなりません。今すぐに!」 彼女はミーチャの手紙を取り出す。「ここに手紙があります。この怪物のような男が父親を殺したのです。この手紙に彼はイワンが立ち去ったら父を殺すと書いています。」
 グルーシェニカが叫ぶ。「ミーチャ、この蛇のような女があなたを破滅させたわ!」
要約:ユーリー・ディミトリン
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:ロシア


24. All rise! Court is in session…
The court. Mitya is on the bench of the accused, as are Alexei, Grushenka and Katerina Ivanovna… The foreman of the court, the jury, the public are all there. Voices can be heard: "Retired lieutenant Dmitry Karamazov stands accused of murder… of the murder of his father." Alesha says "My brother is innocent. Believe him!" Katerina Ivanovna chimes in "Believe him!" Grushenka speaks: "I am guilty. It all happened because of me. Believe him." Ivan appears in the courtroom. Waving the packet of banknotes he declares "Here is the money… all of it… I got it from Smerdyakov. He killed, it was I who taught him to kill…" Katerina Ivanovna exclaims "He is ill, he is fevered!" The public and the jury reply with "He is a madman!" Ivan intervenes "Free my brother, take me!" Katerina Ivanovna again: "I must tell you… immediately!" She takes out Mitya´s letter: "Here is a letter… This monster killed his father. He writes that he would kill him as soon as Ivan went away." Grushenka exclaims "Mitya, this snake of yours has ruined you!"
Compiled by Yuri Dimitrin
(The Brothers Karamazov - SYNOPSIS)
まいじょ * オペラ * 00:01 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ