<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #17 | main | 78歳、ロシアの大学を卒業 >>

オペラ「カラ兄」あらすじ #18

オペラ「カラマーゾフの兄弟」のあらすじの第18弾。

逮捕
 写真は、モークロエに警察がやってきてミーチャを逮捕するシーン(第18場)(写真出典:visualrian

第18場 私をどこか遠くに連れてって
 旅館の広間。
 貴族のムシャロヴィッチとヴルブレフスキーは、テーブル席にすわりトランプをしている。半分酒が入ったグラスをもって椅子に座っているグルーシェニカは、突然入ってきたミーチャを見る。「ミーチャ! ここに掛けて。あなたに会えてうれしいわ!」 シャンパンが運ばれてきた。
 ミーチャは、地主にひと勝負しないかともちかける。最後の数百ルーブルを持って、ミーチャはポーランド人貴族を隣の席に座らせる。「3,000ルーブル欲しくないか。金をやるから、ここから出て行け」とムシャロヴィッチに言う。「500ルーブルは今渡す、残りは明日だ。」ミーチャが3,000ルーブル持っていないと分かって、彼らは誇らしげにミーチャの提案を拒絶する。ムシャロヴィッチはその話をグルーシェニカに話す。
 グルーシェニカはミーチャに言う。「あなたが彼にお金をあげるというのは本当なの?」
 ムシャロヴィッチは言う。「私はあなたを妻として迎えるためにやってきた。でも今のあなたはかつてのあなたとはまったく別の女性となってしまった。」「ああ、出て行ってよ。元いたところに帰ってよ!」ミーチャはポーランド人に飛びかかる。おおぜいのいる部屋で楽師たちや歌い、踊る若い女性によって、ミーチャの行く手はふさがれる。
 グルーシェニカは言う。「ミーチャ、私、ここにいる誰かを愛しているわ。誰だかわかる?」 旅館の歌とばか騒ぎはおさまっていく。グルーシェニカは続けて言う。「ミーチャ、私を連れてって!」
 グルーシェニカとミーチャの目には、まわりの何もかもが消えた。「私にさわらないで。私たち、純血で正しい人間よね。どこか遠くに連れてって。ねぇ、聞こえている?」
 ミーチャが答える。「どこか遠くに……」
 グルーシェニカが続けて言う。「それらは動物でなく、種…」ミーチャは答える。「私はこの1時間のために全人生を捨ててもいい」
 二人は歌う。「雪がきらきら輝く。教会の鐘が鳴る。教会の鐘が。どこか遠くに……」そのうち、教会の鐘が鳴り始める。
 郡の検事とお付の警官が入ってきて、ミーチャのところに来る。
 「退職陸軍中尉カラマーゾフ、お前を父親に対する強盗殺人の容疑で逮捕する。」
 ミーチャは答える。「無罪だ! 私じゃない! 私じゃない! 私には有罪の血は一滴も流れていないんだ!」
 検事は続けていう。「使用人のグリゴーリーは生きている。彼は意識を回復した。彼が証拠を提供するだろう。」
要約:ユーリー・ディミトリン
JUGEMテーマ:ロシア
JUGEMテーマ:音楽


18. Take me away, far away…
A hall in an inn. The landowners Mussyalevich (the officer who has returned to Grushenka) and Vrublevsky are sitting playing cards at a table. Sitting in a chair with a half-full glass, Grushenka suddenly sees Mitya at the door. "Mitya! Sit down, I´m glad to see you!" Champagne is brought. Mitya suggests the landowners play a round. Having lost several hundred, Mitya takes the Polish landowners aside. "If you want three thousand, landowner, take it and begone," he tells Mussyalevich. "Five hundred roubles this very minute, the rest tomorrow." Understanding that Mitya does not have three thousand, they proudly turn Mitya down and Mussyalevich tells Grushenka of the conversation. Grushenka (to Mitya): "Is it possible he took money from you?" Mussyalevich says "I came to take you as a wife, but see quite another miss, not the one there was before…" "Oh, get out, go back to whence you came!" Mitya throws himself at the Pole. His path is blocked by a throng of musicians and young women singing and dancing in the crowded room. Grushenka says "I love someone here, Mitya. Can you guess who?" The songs and merriment at the inn fade away… Grushenka continues, "Take me, Mitya!!!" In the eyes of Grushenka and Mitya, everything and everyone around them have disappeared. "… Don´t touch me. We must be pure and good… Take me far, far away, do you hear?" Mitya replies "Far, far away…" Grushenka continues "They´re not animals, they are kind…" Mitya replies "I´d give up my whole life for just one hour." Together they sing "The snow is bright, the church bell rings… the church bell… Far, far away…" Meanwhile, the church bell begins to chime. The district police officer and his gendarmes enter and approach Mitya. "Retired Lieutenant Karamazov, you are arrested on suspicion of the murder and robbery of your father." Mitya replies "Not guilty! Not I! Not I! There is no guilty blood in my veins!" The officer continues "Grigory the servant is alive, he has regained consciousness. And will give evidence."
Compiled by Yuri Dimitrin
(The Brothers Karamazov - SYNOPSIS)
まいじょ * オペラ * 06:47 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ