<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #14 | main | オペラ「カラ兄」あらすじ #16 >>

オペラ「カラ兄」あらすじ #15

オペラ「カラマーゾフの兄弟」のあらすじの第15弾。

アヴグスト・アモノフ
 写真は、ミーチャ役のアヴグスト・アモノフ(テノール)(写真出典:マリインスキー劇場のホームページ

第15場 暗闇
 夜遅く。フョードル・パーヴロヴィチの家の庭。
 ミーチャが現れる。「親父の部屋に明かりがついている。彼女がいる!」 彼は窓の中を覗く。ガラス越しにフョードル・パーヴロヴィチが見える。ミーチャは暗がりに身を隠す。フョードル・パーヴロヴィチが姿を消す。
 「彼女はここにいるのだろうか?」再びミーチャは窓に近づいて、そっとノックしてから隠れる。
 フョードル・パーヴロヴィチはすぐに窓に現れる。「グルーシェニカ、おまえかい? 来たんだね! 今ドアを開けるよ」ミーチャはポケットから杵を取りだし、家の後ろに隠れる。
 グリゴーリーが現れる。ミーチャが戻り、杵を高く振りかざす。「怪物! 神殺し!」ミーチャは杵でグリゴーリーを打った。グリゴーリーは倒れた。ミーチャは大声で叫ぶ。「神よ! 私はいったい何てことをしたのだ! 生きているだろうか?」ミーチャは杵を捨てる。「そんなことはどうでもいい。私は殺してしまった」
要約:ユーリー・ディミトリン
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:ロシア


15. Darkness…
Late evening. The garden in front of Fyodor Pavlovich´s house. Mitya appears. "There is a light in the old man´s room. She is there!" He looks in the window. Fyodor Pavlovich can be seen through the glass. Mitya hides in the shadows. Fyodor Pavlovich disappears. "Is she here?" Again Mitya approaches the window, knocks gently and retreats. Fyodor Pavlovich immediately comes to the window. "Grushenka, is it you? She has come! I will open up now." Mitya takes the pestle from his pocket and hides behind the house. Grigory appears. Mitya comes back with the pestle raised high. "Monster! Father-killer!!!" Mitya strikes Grigory with the pestle. The latter falls. Mitya cries out "God! Why did I do that? Is he alive?" Mitya throws the pestle away. "But it doesn´t matter much now. I have killed."
Compiled by Yuri Dimitrin
(The Brothers Karamazov - SYNOPSIS)
まいじょ * オペラ * 23:55 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ