<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #13 | main | オペラ「カラ兄」あらすじ #15 >>

オペラ「カラ兄」あらすじ #14

オペラ「カラマーゾフの兄弟」のあらすじの第14弾。

ワレリー・ゲルギエフ
 写真は、指揮者ワレリー・ゲルギエフ(写真出典:マリインスキー劇場のホームページ)。

第2幕
第14場 幕間の間奏

要約:ユーリー・ディミトリン


 これだけだとあまりにも内容が乏しいので、マリインスキー劇場のホームページから「カラマーゾフの兄弟」の記録を引用する。

カラマーゾフの兄弟
フョードル・ドストエフスキーの小説が原作の2幕のオペラ・ミステリー。

音楽:アレクサンドル・スメルコフ
脚本:ユーリー・ディミトリン

モークロエ

音楽監督:ワレリー・ゲルギエフ
演出:ワシリー・ワルハートフ
舞台デザイン:ジノヴィ・マーゴリン
衣装デザイン:マリア・ダニロワ
照明デザイン:ダミール・イスマギロフ
合唱指揮:アンドレイ・ペトレンコ
音楽準備:イリーナ・ソボレワ、イリーナ・トルトコ

 第16回白夜の星国際芸術祭の閉幕に向けて、マリインスキー劇場は、サンクトペテルブルクの作曲家アレクサンドル・スメルコフの「カラマーゾフの兄弟」(ドストエフスキーの同名小説が原作)の世界初演を用意した。ユーリー・ディミトリンの脚本では、2幕25場の中に、小説の劇的な場面のほぼ全てが取り上げられている。
 アレクサンドル・スメルコフのオペラは、マリインスキー劇場のここ数十年で初めての現代の、生きている作曲家による作品であり、ロシアの今日の文化生活で最も興味ある事件であることを約束する。アレクサンドル・スメルコフの表現力に富んだ鮮やかな音楽は、多くのジャンルの音楽(通俗の恋歌から聖歌まで)からの模倣が含まれ、多くの作曲家(ムソルグスキーからチャイコフスキー、ショスタコービッチに至るまで)のスタイルの影響を受けている。にもかかわらず、なおこの作曲家の真に独創的な仕事を残しており、情欲や悪徳による誘惑にうちかち完全な真実を求める人間の実存への欲求を表現している。
JUGEMテーマ:ロシア
JUGEMテーマ:音楽
Part II
14. Symphonic Entr´acte

Compiled by Yuri Dimitrin
(The Brothers Karamazov - SYNOPSIS)


The Brothers Karamazov
opera mystery in two acts after the novel by Fyodor Dostoevsky
Music: Alexander Smelkov
Libretto: Yuri Dimitrin

Musical Director: Valery Gergiev
Stage Director: Vasily Barkhatov
Set Designer: Zinovy Margolin
Costume Designer: Maria Danilova
Lighting Designer: Damir Ismagilov
Principal Chorus Mater: Andrei Petrenko
Musical Preparation: Irina Soboleva, Irina Trutko

Towards the close of the XVI International Stars of the White Nights Festival of Arts, the Mariinsky Theatre presented the world premiere of St
Petersburg composer Alexander Smelkov's opera The Brothers Karamazov after the novel of the same name by Fyodor Dostoevsky. The libretto by Yuri Dimitrin includes almost every dramatic clash of the novel in the twenty-five scenes of the two-act opera.
Alexander Smelkov's opera is the first for several decades at the Mariinsky Theatre by a contemporary, living composer, and which promises to be a highlight of Russia's cultural life today. Alexander Smelkov's expressive and vivid music contains echoes from numerous genres (from the everyday romance to sacral chant), stylistic influences (from Musorgsky and Tchaikovsky to Shostakovich), while still remaining a truly original work by the composer, expressing the desire of human existence for utter truth while ensnared by passions and vices.
まいじょ * オペラ * 00:18 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ