<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #12 | main | オペラ「カラ兄」あらすじ #14 >>

オペラ「カラ兄」あらすじ #13

オペラ「カラマーゾフの兄弟」のあらすじの第13弾。

大審問官と放浪者
 写真は、大審問官(右:ミハイル・キット)と放浪者(左)(写真出典:visualrian)。

第13場 ハレルヤ!
 中世の街の広場。
 葬列が教会に近づいている。大審問官は離れたところに立っている。祈りを捧げる子供の聖歌隊の声が聞こえる。
 ミーチャの声も聞こえる。「殺したいと思った。身に覚えがある。」
 男性の声。 「引退した名ばかり顧問の殺人事件の裁判が始まる」
 放浪者は広場の中央に現れる。人々は彼が誰か分かっている。彼は静かな同情の微笑をうかべ、教会の入口に向かっていく。死んだ少女の母親は、子供を生き返らせてほしいと願って、彼の足下にひれ伏す。
要約:ユーリー・ディミトリン
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:ロシア


13. Praise be to God!
The square of a medieval town. A funeral procession is approaching the church. The Grand Inquisitor is in the distance. A children´s choir can be heard singing a prayer. Mitya´s voice too: "I wanted to kill but I am not guilty!" Men´s voices: "A murder trial is being held… of a retired titular counsellor…" The Wanderer appears in the middle of the square. Everyone recognises him. With a silent smile of compassion he moves towards the church porch. The mother of the dead girl throws herself at his feet begging for her child to be restored. The Wanderer passes his hand over the dead child´s body… The girl in the coffin rises and sits up. She is holding the bouquet of white roses she had with her in the coffin. The people are overcome with confusion, cries and weeping… The Grand Inquisitor gives the guards a signal. The Wanderer is seized and led away. The Grand Inquisitor raises his outstretched arm over the crowd. "Praise be to God!" The crowd bows down before him.
Compiled by Yuri Dimitrin
(The Brothers Karamazov - SYNOPSIS)
まいじょ * オペラ * 21:57 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ