<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #10 | main | オペラ「カラ兄」あらすじ #12 >>

オペラ「カラ兄」あらすじ #11

オペラ「カラマーゾフの兄弟」のあらすじの第11弾。

兄弟
 写真は、オペラ「カラマーゾフの兄弟」のポスター、パンフレットなどに使われたイメージ写真。左からドミートリー、スメルジャコフ、イワン、アリョーシャ。スメルジャコフだけ微妙に服の色が違う。

第11場 彼女はナイフを手にしないだろう(アリョーシャの祈り)
 アリョーシャが一人でいる。「神よ、彼女を見てください。ここに来たときは邪悪な心が見えましたが、今や宝物のような慈愛の心が見えます。彼女はすべてを許し、すべてを忘れて、泣いています。彼女はナイフを手にしないでしょう!」
要約:ユーリー・ディミトリン
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:ロシア

11. She won´t take the knife, she won´t take it… (Alyosha´s prayer)
Alyosha is alone… "God! Look at her… I came here to find a wicked soul and I have found a treasure, a loving soul… She forgave all, forgot all, and weeps. And she won´t take the knife, she won´t take it!"
Compiled by Yuri Dimitrin
(The Brothers Karamazov - SYNOPSIS)
まいじょ * オペラ * 22:37 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ