<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #09 | main | オペラ「カラ兄」あらすじ #11 >>

オペラ「カラ兄」あらすじ #10

オペラ「カラマーゾフの兄弟」のあらすじの第10弾。

火刑の十字架
 写真は、火刑の十字架が準備されるシーン(第16場)(写真出典:visualrian

第10場 モークロエからの馬車
 グルーシェニカの邸宅。
 美しく着飾ったグルーシェニカは、彼女の昔の恋人で、よりを戻しにきた官吏を心配そうに待っている。
 ドアがノックされた。マリア・コンドラティエワがアリョーシャを連れて部屋に入ってきたが、彼はミーチャを探してここに来たのである。グルーシェニカは口で言い表せないほどこの訪問を喜んだ。アリョーシャをテーブル席に座らせ、シャンパンを勧め、彼の膝にのった。「アリョーシャ、今日は私にとって特別な日なの。私の官吏、そう私を苦しめた人が来るの。たぶん、今日、私は彼にナイフを向けるわ。ねぇ教えて、私、彼を愛しているのかしら?」
 モークロエから馬車が到着し、マリア・コンドラティエワはあわてて手紙をもってきた。グルーシェニカは大急ぎで手紙をとると、「彼がやってきて、口笛で私を呼んだら、私は打たれた犬のように彼のところへ這っていくわ! グルーシェニカは新しい生活に向かって飛ぶのよ」
要約:ユーリー・ディミトリン
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:ロシア


10. Relay from Mokroe
Grushenka´s apartments. Well-dressed, Grushenka is anxiously awaiting her old love – the officer who has come back to her. There is a knock at the door… Marya Kondratievna escorts Alyosha into the room; he has come here looking for Mitya. Grushenka is inexpressibly delighted at the visit, seats Alyosha down at the table and offers him champagne, falling at his knees. "Alyosha, today is a special day for me. My officer is coming, my tormentor! Perhaps, today, I will take a knife to him… Tell me, do I love him?" Marya Kondratievna runs in holding a letter – a carriage has arrived from Mokroe. Grushenka grabs the letter: "If he comes and whistles to call me, I shall creep back to him like a beaten dog! Grushenka is flying to a new life…"
Compiled by Yuri Dimitrin
まいじょ * オペラ * 23:54 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ