<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #07 | main | オペラ「カラ兄」あらすじ #09 >>

オペラ「カラ兄」あらすじ #08

オペラ「カラマーゾフの兄弟」のあらすじの第8弾。スメルジャコフとマリア
 写真は、スメルジャコフ(アンドレイ・ゾーリン)とマリア・コンドラティエワ(タチヤナ・クラヴトソヴァ)(写真出典:ITAR-TASS

第8場 知識人と話すのは面白い
 ギターをもったスメルジャコフとマリア・コンドラティエワはフョードル・パーヴロヴィチの家の前のベンチに腰掛けている。スメルジャコフは感情を込めて「どんなに苦労しても、都に行って生活を楽しもう!」と歌う。
 そこにイワンが現れる。マリア・コンドラティエワはそそくさと立ち去る。
 「どうして、あなたは出発しないのですか?」とスメルジャコフはイワンに尋ねる。イワンは意味がわからず「なぜ私に出発した方がいいというのだ?」「出発させたい訳が何かでしょう?」「出発させたい訳が何だというのだ? おまえは変なことをいう奴だ」
 シルクハットをかぶった悪魔はベンチから立ち上がる。その瞬間、イワンのまなざしは悪魔にくぎづけになる。悪魔はあざけり笑い、顔を赤くする。イワンはすぐに出発する。スメルジャコフは悪魔に言う。「知識人と話すのは面白いですね。」
要約:ユーリー・ディミトリン
JUGEMテーマ:ロシア
JUGEMテーマ:音楽


8. … It is interesting to talk with an intelligent man
Smerdyakov with his guitar and Marya Kondratievna are seated on a bench in front of Fyodor Pavlovich´s house. "However much I resist," Smerdyakov sings with emotion, "… I shall depart and enjoy life in the capital!" Ivan appears. Marya Kondratievna quickly departs. "What, are you not leaving?" Smerdyakov asks Ivan. Ivan does not understand, "Why do you advise me to leave?" "What do you mean why? You are to be pitied." The Devil in his top hat rises from the bench. For an instant Ivan´s gaze is fixed intently upon him. With a devilishly sneering smile, the Devil blushes. Ivan quickly departs. Smerdyakov says to the Devil "… It is interesting to talk with an intelligent man."
Compiled by Yuri Dimitrin
(The Brothers Karamazov - SYNOPSIS)
まいじょ * オペラ * 18:09 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ