<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #06 | main | オペラ「カラ兄」あらすじ #08 >>

オペラ「カラ兄」あらすじ #07

オペラ「カラマーゾフの兄弟」のあらすじの第7弾。

フョードル、アリョーシャ、ドミートリー
 写真は、左からフョードル(ニコライ・ガシエフ)、アリョーシャ(ウラジスラフ・スリムスキー)、ドミートリー(オレグ・バラショフ)(写真出典:ITAR-TASS

第7場 客間での苦悩
 カテリーナ・イヴァーノヴナと地主のホフラコーワ、イワンは、ホフラコーワ邸にいる。そこにアリョーシャが入ってくる。
 カテリーナ・イヴァーノヴナは、昨日受けとったミーチャが酔って書いた手紙について彼に言う。「彼がそんな…生き物と結婚するのなら、私は彼をあきらめます! 彼が不幸せになったら、その時彼が私のところに戻ればいいの。」とカテリーナ・イヴァーノヴナは決意を語る。
 「他の誰も間違うことがありうるが、あなたは正しい。」とイワンは同意する。「アリョーシャ、カテリーナ・イヴァーノヴナは決して私を愛していなかった! 彼女は、ミーチャの侮辱に対し復讐しようとしただけなのだ。でも、お分かりですね、カテリーナ・イヴァーノヴナ、あなたの信頼の大きさを彼によく考えてもらう必要があります。さようなら!」
 カテリーナ・イヴァーノヴナの住まいを出たイワンの方に向かって、イワンと同じような服を着た元気な者(悪魔)がいた。まもなくイワンにお辞儀をし、シルクハットをとって、小さな姿をさらけだした。
要約:ユーリー・ディミトリン
JUGEMテーマ:ロシア
JUGEMテーマ:音楽


7. Anguish in the drawing room
Katerina Ivanovna, Khokhlova the landowner and Ivan are in Khokhlova´s apartments. Alyosha enters. Katerina Ivanovna tells him of the "drunken epistle" she received yesterday from Mitya. "If even he marries such a… creature, I will abandon him! When he becomes miserable, then let him come to me…" Katerina Ivanovna declares with resolution. "Anyone else would be wrong, but you are right…" Ivan agrees. "Alyosha… Katerina Ivanovna never loved me! She was taking revenge for Mitya´s insult… But you know, Katerina Ivanovna, you need him to contemplate the extent of your faith. Farewell!" Coming towards Ivan, who has left Katerina Ivanovna´s apartments, there is a brisk figure dressed the same way as Ivan himself. Quickly bowing to Ivan, he removes his top hat, exposing his diminutive features.
Compiled by Yuri Dimitrin
(The Brothers Karamazov - SYNOPSIS)
まいじょ * オペラ * 23:55 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ