<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」あらすじ #05 | main | オペラ「カラ兄」あらすじ #07 >>

オペラ「カラ兄」あらすじ #06

オペラ「カラマーゾフの兄弟」のあらすじの第6弾。

フョードルの家
 写真は、フョードルの家で食後のコーヒーを飲んでいるところ。フョードルは「神は存在するのか」の問いをイワンとアリョーシャにぶつける。(写真出典:ITAR-TASS

第6場 コニャックを飲んで
 フョードル・パーヴロヴィチの家。
 使用人グリゴーリーとスメルジャコフは彼らの主人の世話をするが、主人は息子のイワンと一緒に昼食を終え、コーヒーを飲んでいる。
 アリョーシャが現れる。
 信仰についての議論が始まる。フョードル・パーヴロヴィチが聞く。「イワン、教えてくれ。神は存在するのか?」「いいえ、存在しません。」「アリョーシャ、神は存在するのか?」「はい、存在します。」フョードル・パーヴロヴィチが聞く。「では永遠の生命というものは存在するのか?」イワンは答える。「永遠の生命は存在しません。」
 玄関先の方から騒々しい物音や甲高い声がして、ミーチャが部屋に入ってきた。「彼女をどこに隠した! 彼女がこの家に来るところを私は見たのだ!」ミーチャは、グルーシェニカを探して、他の部屋にも押し入る。情熱で震え、フョードル・パーヴロヴィチは彼のあとを追う。「グルーシェニカがここにいるって?」 彼は肯定的に答える。
 元の部屋に戻り、ミーチャは老人の髪をつかみ、体を床に投げつけ、激しくなぐった。弟たちは兄を引き離した。イワンは大声でどなる。「気でも狂ったのか! 殺すところだぞ!」 「殺しはしない。でもまた殺しに来るからな。」血まみれの父親に対し「おまえを呪う。おまえとは縁を切るからな。」と言いながら、ミーチャは立ち去る。
 フョードル・パーヴロヴィチはアリョーシャにいう。「アリョーシャ、わしはイワンが恐ろしい。他の何よりもイワンが恐ろしい。」
要約:ユーリー・ディミトリン
JUGEMテーマ:ロシア

JUGEMテーマ:音楽
6. Drinking cognac…
The house of Fyodor Pavlovich. The servants Grigory and Smerdyakov attend their master, who has finished lunch and is having coffee with his son Ivan. Alyosha appears. A discussion about faith begins. Fyodor Pavlovich says "Ivan, tell me, is there a God?" "No". "Alyosha, is there a God?" "Yes". Fyodor Pavlovich says "And there is no eternal life?" Ivan replies that "There is no eternal life." From the canopy there is a terrible noise and violent screams, and Mitya bursts into the room – "She´s been hidden! I saw how she came to the house!" Mitya bursts into the other apartments looking for Grushenka. Trembling with passion, Fyodor Pavlovich follows him – "Grushenka is here?" He is answered in the affirmative. Coming back, Mitya grabs the old man by his hair and throws him to the floor, beating him furiously. The brothers draw him off. Ivan cries out "Madman! You have killed him!" "Not killed him, to kill I will come again." Mitya leaves, turning to his blood-soaked father with the words: "I curse you and renounce you…" Fyodor Pavlovich calls Alyosha: "Alyosha, I am afraid of Ivan. I fear Ivan more than anything."
Compiled by Yuri Dimitrin
(The Brothers Karamazov - SYNOPSIS)
まいじょ * オペラ * 22:13 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ