<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< オペラ「カラ兄」の評判(その1) | main | オペラ「カラ兄」のテレビ報道 >>

オペラ「カラ兄」の評判(その2)

 世界初演オペラ「カラマーゾフの兄弟」の批評の第2弾。今回は、アメリカのブルームバーグのニュース(『Bloomberg.com: Muse Arts』)からである。ほぼ同じ内容の記事は、『The New York Sun』にも転載されている。拙訳で紹介する。

「カラマーゾフの兄弟」(マリインスキー劇場)
「カラマーゾフの兄弟」の舞台。サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場が配布した日付なしの写真。 出典:マリインスキー劇場(ブルームバーグ・ニュース経由)

マリインスキーでカラマーゾフ兄弟は欲と殺人を歌う: ジョージ・ルーミス

ジョージ・ルーミスによる批評

【7月25日(ブルームバーグ)】あなたが作曲家は伝統的な手法でオペラを書くことに戻るべきであると考えるタイプならば、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で上演されたアレクサンドル・スメルコフの「カラマーゾフの兄弟」はあなた向きの作品かもしれない。

 スメルコフは、経歴によると3つのオペラ作品があるが、ロシア国外ではほとんど知られていない。彼は、ロシアオペラの黄金期を振り返り、これはと思うような音楽的・劇的なアイデアを借用した。耳障りな不協和音やパーカッション・ソロのところは別として、「カラマーゾフの兄弟」には現代的なところは何もない。このオペラは、ワレリー・ゲルギエフ指揮で、白夜祭で世界初演された。

 私は喜びと驚きが混ざった複雑な気持ちでそれを鑑賞した。既知の正統な作曲技法が賢く再利用されているのがわかり、作曲家があえてこれほど独創性のない音楽を書こうとしたことに驚いたのだ。それでも、これは印象的な作品である。

 ユーリー・ディミトリンの台本はドストエフスキーの最後の小説を25場の迅速に動く場面に凝縮した。95分と70分の2幕で構成される「カラマーゾフの兄弟」は、各幕はほとんどの新作のオペラより長時間だが、うんざりするものではない。男性だけのカラマーゾフ一族のメンバーは正しく概略を述べられる。堕落した父親フョードルと彼の3人の息子たち――怒りっぽいミーチャと理性的なイワンと聖職者のアリョーシャ。

 演劇の実験

 それにグルーシェニカ(フョードルとミーチャに渇望される)とカテリーナ(ミーチャの婚約者であり、イワンに愛される)といった女性たちがいる。フョードルの殺害とミーチャの裁判は劇になりやすい。ディミトリンは何とかして小説の哲学的な内容のいくつかを盛り込もうとした。

 クラシックファンであれば、他の作曲家のヒントが隠されているのを見つけるのを楽しむことだろう。スメルコフが言っているように、よりによってベートーヴェンの第九交響曲からの引用を作品のここかしこにおくことを楽しんだのだ。台詞にメロディをのせることはうまくできた。チャイコフスキー風に、オーケストラで差異のある音楽との対話を作り出すのがスメルコフは上手である。ティンパニーを強打するフル・オーケストラの一節では「戦争と平和」(訳注:プロコフィエフ作曲の歌劇)を彷彿とさせるものがある。ショスタコヴィッチのサーカス音楽の一節を思い出す、酔った大騒ぎの場面もある。

 アリアが歌われる場面は作品の重要箇所である。最も忘れられない曲目は、ミーチャとグルーシェニカが歌う、旋律が美しく物憂げな愛の二重唱、それに聖歌のような旋律に合わせ登場人物たちが小説の哲学的テーマである「一人の罪は全員の罪である」と歌う心に残る八重唱である。

 しかし、スメルコフのメロディーはどれも覚えやすいとは思えない。時々、彼と彼のオペラ劇作家は、物語の先の出来事を予告してしまうように思える。特に大審問官のシーンがそうである。大審問官は、小説ではあまりに重要なので省くことができないが、オペラでは理解しがたい人物になっている。彼が最後に登場するのは、放浪者として知られる登場人物と一緒だが、法廷シーンの騒ぎの後で、不十分な結末となっている。

あらすじ

 このようなオペラを見るにあたって、読者はクリフスノーツ(訳注:アメリカで普及している文学作品の参考書)のフォーム(大衆的な消費のための切り詰めているバージョン)のような何かで小説を経験したといつも感じているのかもしれない。

 マリインスキーは、新作に挑戦したとき、例えば「イーゴリ公」(訳注:ボロディン作曲の歌劇)のような多人数のキャストで円滑に行われたワシリー・ワルハートフ演出の作品と同じように、この作品に着手した。ジノヴィ・マーゴリンの舞台は、教会風の建物の周囲で構成され、場面がほんのわずかの中断で次の場面に続くことができるように特別に設けられたターンテーブルの上に造られた。ワルハートフは時々複数の行動を上手に同時進行させる。例えば、イワンが自分自身の幻影におびえ発狂するとき、スメルジャコフ(フョードルの非嫡出子であり、本当の殺人者)が背後で自殺するといった具合である。

 マリインスキーの役付きテノールのニコライ・ガシーフはフョードルを生き生きと演じた。ミーチャを熱烈な調子で演じたアヴグスト・アモノフも堅実な力を見せたし、アリョーシャ役のウラジミール・モローズもそこそこだったが、3人の息子たちの中で傑出していたのは、イワン役のバリトンのアレクセイ・マルコフである。驚いたことにカテリーナ(エレーナ・ネベラ)は魅惑的なグルーシェニカ(クリスティーナ・カプスチンスカヤ)より強い性格に見えたが、二人ともよく歌っていたので、スメルコフの性格描写の妙かもしれない。

 ゲルギエフはこの音楽が求めていると思われるリズムの柔軟性と感情の強さをもって指揮した。マリインスキーの聴衆は「カラマーゾフの兄弟」を暖かく歓迎したが、なぜだろうか? それは彼らが知っているオペラと同じように進行し語られたからである。

 白夜祭は7月27日まで続く。 詳しい情報はこちら
http://www.mariinsky.ru/en/

 この作家に連絡するには、論評してください:ジョージ・ルーミス(在・サンクトペテルブルク) georgeloomis@hotmail

最終更新日: 2008年7月25日東部夏時間10時10分

(『Bloomberg.com』)


JUGEMテーマ:ロシア

JUGEMテーマ:音楽
Karamazovs Sing of Lust, Murder at Mariinsky: George Loomis

Review by George Loomis

July 25 (Bloomberg)--- If you're the type that thinks composers should go back to writing operas the way they used to, Alexander Smelkov's ``The Brothers Karamazov'' at the Mariinsky Theater in St. Petersburg may be for you.

Smelkov, who has three prior operas to his credit and little exposure outside Russia, has looked back on the golden years of Russian opera and borrowed musical and dramatic ideas as he has seen fit. Apart from isolated moments of harsh dissonance or solo percussion, there is practically nothing modernistic about ``The Brothers Karamazov,'' which had its world premiere, conducted by Valery Gergiev, at the Stars of the White Nights Festival.

I watched it with a mixture of pleasure, born of seeing tried and true compositional techniques cleverly reused, and astonishment that a composer would dare to write something so derivative. Still, it is an effective work.

Yuri Dimitrin's libretto condensed Dostoyevsky's final novel to 25 swiftly moving scenes. With two acts of 95 and 70 minutes, respectively, ``The Brothers Karamazov'' is longer than most new operas but doesn't outstay its welcome. Members of the all-male Karamazov clan are duly sketched out: the degenerate father Fyodor and his three sons -- hot-tempered Mitya, rational Ivan and Alyosha, a priest.

Theatrical Trial

Then there are their women, Grushenka, who is lusted after by Fyodor and Mitya, and Katerina, Mitya's fiancee but also admired by Ivan. The murder of Fyodor and the trial of Mitya make for good theater. And Dimitrin manages to include some of the novel's philosophical content.

Aficionados will enjoy spotting hints at other composers, and Smelkov suggests he was having some fun too, for here and there he quotes bits from, of all things, Beethoven's Ninth Symphony. Text setting is a strong point, and Smelkov is good at supporting dialogue with distinctive music in the orchestra, a la Tchaikovsky. Some full orchestra passages with thumping timpani have the portent of ``War and Peace.'' There is a raunchy party scene that recalls the bite of Shostakovich's circus music.

Aria-like scenes are part of the mix, though the most memorable numbers are a melodically languid love duet for Mitya and Grushenka and a haunting octet in which, to a chant-like melody, the characters sing that the guilt of one is the guilt of all, a philosophical theme of the novel.

Still, none of Smelkov's melodies sounds memorable. Sometimes he and his librettist seem to presuppose prior knowledge of the novel, especially in scenes of the Grand Inquisitor, who is too important in the novel to leave out, but comes off here as a murky figure. His final appearance, together with a character known as the Wanderer, makes for a lame ending after the tumult of the courtroom scene.

Plot Resume

In watching an opera like this, you invariably feel that you are experiencing the novel in something like Cliffs Notes form -- a pared-down version for popular consumption.

The Mariinsky went at it like they would a new production of, say, ``Prince Igor,'' with a large cast and a smoothly running production by Vasily Barkhatov. Zinovy Margolin's set, structured around a church, was built on a specially constructed turntable so that scenes could follow each other with little if any break. Barkhatov sometimes effectively arranges for multiple action within scenes, as when Ivan, going mad, confronts a vision of himself, while Smeltyakov, Fyodor's illegitimate son and the real murderer, hangs himself in the background.

The Mariinsky's splendid character tenor Nikolai Gassiev was a vivid Fyodor, with baritone Alexei Markov, as Ivan, the standout among the sons, despite solid contributions from Avgust Agamov, in fervent form as Mitya, and Vladimir Moroz, as Alyosha. Surprisingly, Katerina (Elena Nebera) came off as a stronger personality than the irresistible Grushenka (Kristina Kapustinskaya), but that may be an oddity of Smelkov's characterizations since both singers did well.

Gergiev conducted with the rhythmic flexibility and emotional intensity that the music seemed to want. The Mariinsky audience gave ``The Brothers Karamazov'' a warm welcome, and why not? It walks and talks like the operas they know.

The Stars of the White Nights Festival continues through July 27. For more information, go to http://www.mariinsky.ru/en/.

(George Loomis is a critic for Bloomberg News. The opinions expressed are his own.)

To contact the writer of this review: George Loomis in St. Petersburg at georgeloomis@hotmail.

Last Updated: July 25, 2008 10:10 EDT

Bloomberg.com: Muse Arts
まいじょ * オペラ * 06:03 * comments(0) * trackbacks(1)

コメント

コメントする









トラックバック

バイエルン放送so.と名指揮者たち-4

ミトロプーロスの指揮はスケールが大きく、今日の指揮者では太刀打ちできないものがある。
From クラシック音楽ぶった斬り @ 2008/09/07 3:14 AM
このページの先頭へ