<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ロシアへの旅 | main | 青春のロシア・アバンギャルド展 >>

椎名誠「ロシアにおけるニタリノフの便座について」

 ネットやガイドブックでロシア旅行にあたって注意すべきことを調べると、ロシアの治安の悪さとか、ホスピタリティや道徳心の欠如について、信じられないような話が語られており、ちょっとひいてしまう。多くの体験記に共通するのは、ロシアのトイレの凄まじさである。
ロシア国旗影付き

 ロシア旅行の一般的な注意事項からチェックしておこう。
1.服装は地味な方が良い。
2.リュックはやめたほうが良い。
3.トイレは汚い。
4.トイレの紙は(紙質が悪いので)流さず、横のくずかごへ。
5.日本ではルーブル(ロシアの通貨)に両替できないので、米ドルを持っていく。
6.ルーブルは国外持出禁止。再両替も困難なため、小額紙幣を必要なだけ両替すべし。
7.町で出会う商売人に注意。
8.スリ・ひったくり・などなど、とにかく周囲に注意。
9.スキンヘッドに注意。
10.悪徳警官にも注意。
「ペテロの町に恋をして」

 ロシアのトイレットペーパーがおそろしく硬いことは有名である。
佐藤 例えば、トイレットペーパーって、ぼくがソ連にいたころは、年に二回、ひとり十個しか買えないんですよね。外国人向けの外貨ショップ「ベリョースカ(白樺)」には、高級ウイスキーやモンブランのボールペンは売っているのに、トイレットペーパーは売っていない。ソ連当局があえて外国人に不便な思いをさせようとしていたのだと思います。
 モスクワ在住の外交官は普通、外交特権を使ってフィンランドのヘルシンキのデパート(ストックマン)から通信販売でトイレットペーパーを買います。ぼくはあえてロシア人と同じ生活をしてやろうと思って、買い出しに行ったんです。一時間ちょっと並んで十個買って、ひもでつないで、肩からぶら下げて歩く。あの幸福感といったらない。
亀山 それはほんとにロシア的幸福感ですね。
亀山郁夫+佐藤優「ロシア 闇と魂の国家」

トイレにしゃがむ時の向きにも注意しなければならない。駅にある有料の公共トイレを利用したshiroperuさんの体験である。
中は結構広くて、お掃除おばさんが掃除している。個室は、ドアを開けると1段高くなっている形式だった。ところが便器が…あれ、便器がない?腰掛式の洋式便器がないので、ちょうど日本の和式トイレのような感じである。
ドアはある。しかしドアといっても、上下が切られている仕切りのようなものである。中が1段高くなっているので、そこで立っていると、外の床を掃除しているお掃除おばさんが見える。
ここで、お腹が痛くて考える余裕のなかったshiroperuは、つい、日本と同じ向きで壁の方を向いてしまったのだ…。
見かけが和式トイレとそっくりだったし…。このことが間違いだと気付いたときは、既に遅かった…、、、
向きは、ドアの方を向かなければならない。そうでないと、後で困ったことになってしまう。
(どう困ってしまうかと言うと…要は“流れない”んですね…、、、さすがにあまり詳しく書けません…(^_^;))
何回も水を流してトライするのだが、…○△×◎×、、、ど、どうしよう〜、、、(+_+)
しかも外のフロアーには、お掃除おばさんが“巡回”している…。外に出たら、なんだかすぐさま中を検分されそうな雰囲気である。
体調が悪いのと、この状況とで、ほんと〜に冷や汗が出てきた…、、、(ーー;)
これで、ドアの向こうで次の人が並んだりしたら、絶対絶命である〜、、、(@_@) 
今ならまだ間に合う〜、、、逃げるなら今だ〜、、、
おばさんが横を向いている間に、何食わぬ顔をしながら、しかし心は脱兎のごとく、足早に出てきてしまった…。
(心の中では、「ゴメンナサ〜イ」m(__)mと謝っておいた…)
手を洗うところは別のスペースになっていたので、そこでも足早…ではなく、手早く済ませて逃げるようにトイレを後にしたのだった。
ロシアで便器のないトイレに入った場合は、くれぐれも“向き”にご注意を…。
「ロシア旅行記」

 ロシアのトイレ事情に関する極めつけの文章は、椎名誠の「ロシアにおけるニタリノフの便座について」である。

 「シベリア大紀行」というドキュメンタリー番組で、極寒のロシアを横断する旅をした椎名誠の一行11名は、退屈しのぎにメンバーのそれぞれに即席のロシア名をつけあった。例えば、椎名自身はラーメン好きなことから最初はシナメンスキーとなり、やがてあきれるほど居眠りを続けていたことから、フルネームでアキレサンドル・シナメンスキー・ネルネンコというロシア名になった。いつも集合時間に遅刻するスタッフはオクレンコという具合である。

 TBSのクルーに新田さんという、いつもニコニコしている人がいた。この人は初めはニコリノフだったが、やがて苗字のニッタとかけあわされてニタリノフとなった。彼は技術者であるから、ロシアの壊れた電気器具やら水道の栓やらを次々と直し、「ニタリノフの行くところロシアはどんどんきれいになっていった」という。

 さてロシアのホテルのトイレには便座がなかった。どうしてことごとく便座がないのか。「ロシアにはなぜか便座だけを狙う大盗賊団でもいるのではないか」「ホテルの経営者が何故か訳もなく大の便座嫌い」……諸説紛々である。退屈な冬のシベリア、ウォッカを飲みながらそんな馬鹿馬鹿しいことでも議論するしかあるまい。
 ある日、ニタリノフが自分の部屋の便所に便座をつくったらしい、という情報が流れた。
 退屈していた我々は恥ずかしがるニタリノフを押しのけて、彼の便座を見に出かけた。 ニタリノフの便座は青い発砲スチロールでできていた。発砲スチロールは5センチほどの厚みがあったのでそれは実に堂々と存在感に満ちてロシア便器の上に乗っていた。「うーんさすがにやりますねえ」
 とオクレンコが心から感心した声で言った。ニタリノフは何故か妙にふかくふかく恥じ入った様子で「いやほんのヒマつぶしですからねハハハ」とあまり感情のこもらない声で笑った。
椎名誠「ロシアにおけるニタリノフの便座について」

 ロシアのトイレ、本当におそるべしである。
JUGEMテーマ:ロシア


まいじょ * * 11:03 * comments(1) * trackbacks(0)

コメント

まいじょさん、始めまして。
ブログに書き込み頂き、ありがとうございました。

こちらで紹介して頂いたロシア旅行の注意点ですが、当時とは少し変わっている事があるのでご紹介します。
最近では米ドルがちょっと弱くなっているので、持って行く外貨としてはユーロもお勧めです。国際空港や一部ホテルでは、ルーブルかユーロしか使えないこともあります。
ルーブルの国外持ち出しは(常識的な範囲内であれば)可能になっています。まぁ、次にロシアに行く予定が無い場合は使いようがありませんが・・・。あまった小銭はお土産に配ると喜ばれました。

長々と書いてしまってごめんなさい。まいじょさんの旅が素晴らしい物となりますように、心からお祈りいたします。
Comment by Yurya @ 2008/06/21 2:37 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ