<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フォーレ レクイエム | main | 朝カル・カラ兄・続編再考 >>

チャップリンの日本

 昨日(12月19日)、京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで、「チャップリンの日本」という展示を観てきた。これは昨春、京都で開催された同展を東京に移したものであり、フィルムセンター所蔵のチャップリン関連資料を加えて展示している。
「チャップリンの日本」展
 最盛期のチャップリンを秘書として支えた高野虎市という日本人が遺した写真や遺品を中心に、チャップリンと有名人(チャーチル、アインシュタイン)や日本人(山田五十鈴、山口淑子)との交流にスポットライトをあてたものである。

 会場で販売していた『「チャップリンの日本」展・図録』を買ったが、同展で展示されていた資料のほかにも多くの写真等が収録され、大野裕之さんの解説も的確であり、3,000円はお得な買い物だった。(非市販品。ただし、日本チャップリン協会のWEBから購入可能)
『「チャップリンの日本」展・図録』
 帰りに立ち寄った小料理屋で、なじみの60歳代のおばさんにこの本をみせたところ、懐かしがって食い入るようにながめていた。そういえば、このおばさん、元々は通訳の会社を営んでいた人で、ヨーロッパ暮らしも長く、イサム・ノグチなどかなり有名な人の通訳もやったことがあるすごい人なのだ。聞けば、彼女の父親は、若い頃、映画に生で音楽をつけるバイオリン弾きのアルバイトをしていたのだという。今生きていれば90歳として、その人が20歳代の頃はまだサイレント映画も併存していたことだろう。展示でみたチャップリン映画のポスターにも「徳川夢声 解説」といった弁士の名前が書かれていた。トーキーが誕生し、日本で最初の字幕映画は「モロッコ」(1931年日本公開)だという(太田直子著『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ 』)が、その後もすべての映画が字幕付きになったわけではなく、わりと最近まで弁士、生オケが活躍していたことがわかって面白かった。
JUGEMテーマ:映画


まいじょ * 映画 * 07:01 * comments(4) * trackbacks(1)

コメント

図録があったんですね。
ボーッとしていることの多い私は気付きませんでした。

小料理屋の話はすごいですね。
一度弁士付きの映画を見てみたいと思っているんですが、なかなか実現できずにいます。
今もちゃんと現役の弁士がいるというのがすごいです。
Comment by teshi-hi @ 2007/12/21 11:57 AM
teshi-hi さん、

>今もちゃんと現役の弁士がいるというのがすごいです。

今ではなくて数十年前の話です。

弁士付きとなるときいたことありませんが、生オケつきの上映は、2年くらい前、チャップリン映画でやっていました。
Comment by まいじょ @ 2007/12/21 5:01 PM
ご無沙汰しております。もう忘れてしまわれたかと思いますがCOOです。
チャップリン没後30年(今日がちょうど命日ですね)の映画祭も新宿で始まりましたね。ライフ・アンド・アートは是非観たいと思っています。
京橋でのイベントはうっかり失念していました。思っていた通り、充実した内容になっているようですね。
秋の東京国際映画祭では、特別企画として、ジャズピアニストの山下洋輔さん率いる演奏に、名うての声優さんたちが吹き替えするという、ステキな企画がありましたね。しかも、キートン探偵学入門と、チャップリン(犬の生活)ですから!まいじょさんは行かれましたか?私はあいにく都合つかず、涙をのみました。
近頃なにかとチャップリンの話題が多く嬉しい限りです。

Comment by COO @ 2007/12/25 2:18 PM
COOさん、お久しぶりです。

チャップリン没後30年ということで、今年はいろいろな企画があるようですね。12月〜1月には、cinefilでも特集をやっていて、主要な作品が放映されるほか、そのうちいくつかは作品のドキュメンタリーもあわせて放映されます。
http://cinefilimagica.com/tokushu/chaplin/index.html

京橋の展示そのものは大したことはありません。ブックレット(『「チャップリンの日本」展・図録』)を観れば十分かと思います。

「声優口演ライブwith山下洋輔」というイベントですね。残念ながら知りませんでした。
Comment by まいじょ @ 2007/12/26 1:09 PM
コメントする









トラックバック

日本とチャップリン〜その3 東京国立近代美術館フィルムセンター

没後30年記念 チャップリンの日本 チャップリン秘書・高野虎市遺品展 2007.10.30-12.27 東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室(企画展) http://www.momat.go.jp/FC/Chaplin/index.html 「その2」を書いてから時間が経ってしまいましたが、現代美術館からすぐに
From てっしーずのおでかけ日記 @ 2007/12/21 11:59 AM
このページの先頭へ