<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< イリーナ・メジューエワ ピアノ・リサイタル | main | チャップリンの日本 >>

フォーレ レクイエム

 昨晩(11月8日)は、東京フィルハーモニー交響楽団の定期公演を聴きに、初台のオペラシティに行って来た。

チョン・ミョンフン

 指揮:チョン・ミョンフン
 ヴァイオリン:ハン・ソージン
 ソプラノ:佐々木 典子
 バリトン:三原 剛
 合唱:東京オペラシンガーズ

01 R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」
02 ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
03 フォーレ:レクイエム


 お目当てはもちろんフォーレクで、すべてのレクイエムの中で最も好きな曲である。そういえば、2年前愛猫トムが死んだとき、鎮魂に聴いた想い出深い曲だ(愛猫トム、逝く)。

 天井が高く、正面にパイプオルガンがある教会のような空間で、はじめてフォーレクの生演奏を聴いて、この曲の魅力にうっとりとさせられた。それを引き出した抑制ぎみのチョン・ミョンフンの音づくりには敬服する。コーラスは、さすが一人ひとりがソロができるようなプロの集団で、見事なハーモニーとユニゾンだった。ハーブとコントラバスのピチカートがたゆたうような浮遊感をただよわせ、フォーレ独特のハーモニーが色彩感を与える。夢のような40分だった。

 ただ残念だったのは、パイプオルガンの音が強すぎたこと。第7曲冒頭は、まるでディズニー時計のような電子音に聞こえてまいった。3階正面席の端、つまり角だったので、席が悪かったせいかもしれない。

 
まいじょ * 音楽 * 23:55 * comments(0) * trackbacks(0)

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ