<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「キッド」におけるチャップリンの自伝層 | main | フォーレ レクイエム >>

イリーナ・メジューエワ ピアノ・リサイタル

 昨日(10月28日)は、杜のホールはしもとで「イリーナ・メジューエワ ピアノ・リサイタル」を聴いてきた。メジューエワは、ロシア生まれで、1992年オランダのE・フリプセ国際コンクールで優勝、ヨーロッパで演奏活動を開始し、1997年以降は日本を本拠地として活躍しているピアニストである。

イリーナ・メジューエワ

 プログラムは、
01 ショパン:ノクターン 嬰ハ短調 遺作
02 ショパン:幻想即興曲 作品66
03 ショパン:ワルツ イ短調 作品34の2
04 ショパン:ワルツ ヘ短調 作品34の3
05 ショパン:ノクターン ハ短調 作品48の1
06 ショパン:バラード第1番 ト短調 作品23
<intermission>
07 ドビュッシー:ベルガマスク組曲
08 スクリャービン:左手のためのプレリュードとノクターン 作品9
09 メトネル:田舎の舞曲 作品38の4《「忘れられた調べ」より》
10 メトネル:夕べの歌 作品38の6《 〃 》
11 メトネル:波の舞曲 作品40の5《 〃 》
12 メトネル:祝祭の舞曲 作品38-3《 〃 》
<encore>
13 ラフマニノフ:プレリュード
14 ショパン:ワルツ 変ニ長調 作品64-1(小犬のワルツ)
15 ショパン:ワルツ 変イ長調 作品64-3

 メジューエワのピアノを生で聴くのは、これで2回目だ。楽譜を見ながら演奏する人は、プロではそれほど多くはないと思う。メジューエワは「どんなに頭に入っている曲でも楽譜を見ながら演奏することが重要だ」と前回のリサイタルのプログラムで書いていた。

 ショパンやドビュッシーは聞き慣れていることもあって、かなり遅いテンポの演奏は最初はまだるこしくも感じたが、どの1音も楽譜から外すまいとでもいうように丁寧に弾かれ、スローなテンポに慣れてきたら音の流れに身をまかせ、たゆたうような感覚になってきた。派手な演奏を聴くことが多いなかで、メジューエワの、地味だが奥の深い、内省的な演奏は、日本人の心にしみるものがある。

 満ち足りた気分で帰ろうとしたら、川崎に住むショパン大好き叔母さんに声をかけられた。久々に会ったのでお茶でもと誘ったのだが、遅くなるからとそそくさと帰ってしまった。ホールを出てから、自宅まで歩いてわずか5分。自分でいれたコーヒーで余韻を楽しむのもまた格別である。

 
まいじょ * 音楽 * 12:52 * comments(3) * trackbacks(0)

コメント

こちらでは初めまして。
記事ご紹介、ありがとうございます……でも実は、検索時にこちらも上位でしっかりヒットして拝読していました(^_^)。
他にももっぱらいろいろ興味深いネタを扱われているので、ブクマさせていただきますね。
(いいな、ジョアン・ジルベルトのコンサートにいらしたんですね。どうしようか迷って結局チケット取らなかった(苦笑))
Comment by @ 2007/10/30 3:23 PM
あら、名前を入れなくても書き込みOKされていた…先のははにわ分です。
失礼しました。
Comment by はにわ @ 2007/10/30 3:24 PM
はにわさん、ようこそ。こちらでもよろしく。
ジョアン・ジルベルトは、3回の来日コンサートすべて、各会1日だけですが、行きました。今でも思い出して震えがくるのは、その後CD「Joao Gilberto In Tokyo」となった最初の来日コンサートでした。5000人の聴衆が完璧なマナーで、ギターの残響が消えて一拍するまで、静寂をたもっていたのです。ほとんどの人は私と同じ息づかいで聞き入っていたような気がします。
Comment by まいじょ @ 2007/10/31 12:07 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ