<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」 | main | 劇団民藝公演「白バラの祈り」 >>

キッド

 チャップリンが、捨て子の赤ちゃんを拾ってしまうところから、物語は始まる。赤ん坊を手放そうとあの手この手を尽くすが、どうしてもうまくいかない。途方に暮れて、路端の排水口をみつめるところで、まるで悪魔のささやきが聞こえるようだ。だが、次の瞬間、神の導きでもあったのか、赤ちゃんの母親の「この子をよろしく」という手紙を読んで、めざめたチャップリン。
キッド
 男手ひとつで子供を育てたチャップリンの苦労は、ほんのわずかしか語られない。しかし、その子に深い愛情が注がれたことは、成長した子供とチャップリンの貧しくても幸せな、ほのぼのとした生活ぶりを見ればよくわかる。
 だが、子供が病気になったことをきっかけに、互いに不可欠の二人の仲は引き裂かれてしまう。ここがこの映画のクライマックス、最も涙をさそうところである。

 キリスト教は、この映画に一貫して流れるテーマである。
十字架を背負うキリスト
 母親が赤ちゃんを置き去りにしたあと、十字架を背負ったキリスト像が一瞬だけ現れる。罪を負うた彼女は、成功を収めたのち、慈善活動に身をつくす。聖なる母となる。
 子供のけんかが発端でチャップリンが暴力沙汰に巻き込まれたとき、聖なる母がけんかの両者をいさめて言う言葉。
人もし 汝の右の頬を打たば 左の頬を出せ

 現実から突然移行した、まるで天国のような「夢の国」。天国の門の鍵をあずかるペテロが居眠りをしたために、悪魔がたやすく「夢の国」にはいりこむ。平和に暮らしていた人々をそそのかし、誘惑させ、うぶにさせ、嫉妬させたために、「夢の国」にいさかいが始まる。
夢の国
 初めて観たとき、この「夢の国」のシークエンスは、よけいではないかと思った。だが、ここを省いた場合を想像すると、どうにも収まりが悪いのである。

 そもそも、「キッド」に無駄なシーンなどあるはずもない。この映画で撮影に使われたフィルムは、実際に映画に使われた量のなんと53倍だという。撮影しながらプロットを変えていくことの多いチャップリンの作品の中でもひときわ高いNG率となっている。
JUGEMテーマ:名画



goo映画キッド
1921年 アメリカ
監督:チャールズ・チャップリン
IMDbThe Kid


まいじょ * 映画 * 01:31 * comments(2) * trackbacks(5)

コメント

トラバ&コメントありがとうございました。

先日、チャップリンの作品を久し振りに鑑賞したのですが、やはりいいですね。 
貧しく、冷え冷えとした暮らしの中で、何故あのような温かみが感じられるのか。 現代人が忘れかけている「何か」をあの映画では教えてくれているように思います。

わたしも「夢の国」のシーンは必要ないんじゃないかと思っていましたが、まいじょさんのレビューで納得いたしました。
確かに、彼の作品の中で無駄なものは何一つないですね。
Comment by abricot @ 2007/10/24 12:30 PM
abricot さん、コメント&TBありがとうございました。

さて、本文中、キッドをさして「子供」という言葉を使いましたが、どこかで「子供の供は、お供するの供だから差別表現」という文章を読みました。「障害者」を「障がい者」と改めるなど、意味のない言葉狩りはいい加減にしてもらいたいものです。

キッドは、大人向けの文章の中では「子供」とすべきでしょう。
Comment by まいじょ @ 2007/10/24 7:11 PM
コメントする









トラックバック

キッド

(1921/チャールズ・チャップリン監督・製作・脚本・音楽/チャールズ・チャップリン、ジャッキー・クーガン、エドナ・パーヴィアンス、ヘンリー・バーグマン/50分)
From テアトル十瑠 @ 2007/10/19 8:14 AM

キッド #301

1920年 アメリカ 50分 チャップリン映画 チャップリンが街をぶらぶらしていると家の2階からゴミが次々に落ちてくる。靴の裏でマッチに火をつけてタバコを吸う。そこには赤ん坊が・・・!捨て子を拾うことになったチャップリン。知らん顔して通りすがりのおいちゃんに押
From 映画のせかい2 @ 2007/10/19 12:08 PM

『キッド』(1921/チャールズ・チャップリン)

The Kid(1921/アメリカ) 【監督】チャールズ・チャップリン 【出演】チャールズ・チャップリン/ジャッキー・クーガン/エドナ・パーヴィアンス 今回は初登場のチャップリンです。 『黄金狂時代』『チャップリンの独
From 愛すべき映画たち @ 2007/10/19 1:48 PM

キッド ’21 アメリカ

チャップリン初期の作品。 サイレント映画には、しみじみとした深い思いが込められていて、今のそれとはまた違った感動を得られるのがいい。 この映画を観ると、つくづく子への愛情とは、何ものにもかえがたいものであると思わせてくれる。 ここでのチャップリンと少年
From アブリコのCinema散策 @ 2007/10/24 12:06 PM

天国の門

「誰がヒトラーを殺したのか?」芸術と戦争、人間の愛と欲、悲しみと愚かさのすべてを描ききった超大作。堂々の3000枚完結。
From とんみんくん @ 2008/03/11 12:55 AM
このページの先頭へ