<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

さよならオークラ

 昨年8月、NYtimesに "Farewell to the Old Okura" と題する記事が掲載された。38階建ての超高層ビルを建設するため、ホテルオークラ東京の本館が取り壊されることに対して、日本だけでなく世界各地で抗議の声があがっているという。


 内外の抗議の声も空しく、8月末で本館は営業を休止し9月には解体が始まる。そこで、"東洋の誇り"といわれるこの建築の最後を見届けてきた。

2015-03-04 16.43.27.jpg
ホテルオークラ本館
 設計:大成観光設計委員会(谷口吉郎、小坂秀雄、清水一、岩間旭、伊藤喜三郎)、大成観光建築部(柴田陽三、桑木泰司、渡辺健三、顧問・ウイリアム・シュラーガー)。施工:大成建設。竣工:1962年5月
 9人の建築家の中で、外装を担当したのは小坂秀雄だという。
当初、建物の外装は谷口が設計する予定だった。しかし、帝国劇場のような縦のマリオンを強調した谷口の外装がほかの近代建築をイメージさせ、「同一傾向では新鮮味がとぼしくなる」としてホテル側が退けた。最終的に小坂が外装を担当することになり、現在の横長のフォルムで、横の線を強調するデザインに決まった。(「ケンプラッツ」2015/03/03
続きを読む >>
まいじょ * ノンセクション * 10:32 * comments(0) * trackbacks(0)

野毛「ちぐさ」

 日曜日(7月1日)みなとみらいホールでのコンサートがはねた後、余韻を楽しみたくなって、喫茶店を探して野毛の街をぶらぶらしていたら、たまたま「ちぐさ」を見つけた。

ちぐさの外観

 「ちぐさ」は、1933年に開店したジャズ喫茶の草分け。空襲で6000枚のレコードとともに焼けたが、1947年に再開。渡辺貞夫や秋吉敏子、日野皓正といった今や世界で活躍するミュージシャンが若い頃に通ったという伝説の店である。オーナーの吉田衛さんが1994年に亡くなった後、2007年に閉店した。
「おい、音楽という字を書いてみろ。分かるか?音を楽しむと書くんだぞ」

 「オヤジ」と慕われた吉田さんの言葉である。

朝日新聞2012年3月7日
朝日新聞2012年3月7日夕刊 (クリックで拡大)

 店がなくなったのを惜しんだ常連客らが、今年3月にもとの店の近くで復活させたものだ。

ちぐさの内観 3000枚のレコード

 オーナーの遺族から寄贈された3000枚のレコード。客のリクエストに応えてレコードをかけながら、カウンターでコーヒーを作ってくれる。

アンティークな巨大スピーカー

 巨大なスピーカーやレコード・プレーヤーなどオーディオ装置は遺族から寄贈されたもの。アナログ・レコードの音はやはり暖かい。奥さんがリクエストしたのは、ジョン・コルトレーンの「バラード」。コルトレーンがサックスで歌っているようだ。

常連客かな?

 日曜日なので、私はビル・エバンスの「サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」をリクエストした。店の人に聞くと、オーナーの吉田さんが一番好きだったのが、ビル・エバンスだというから驚いた。とりわけ「ワルツ・フォー・デビー」がお気に入りだったという。私もこのアルバムは大好きで、休みの日によく聞いたものだ。


 この記事を読むと、「ちぐさ」がいかに多くの人に愛されたのか、そしてその復活にいかに多くのボランタリーな人々の情熱が傾けられたかがわかる。遠いけど、家から電車で1本。これから足繁く通うことになりそうだ。

JUGEMテーマ:日記・一般
まいじょ * ノンセクション * 18:15 * comments(0) * trackbacks(0)

表参道東急プラザ

 表参道東急プラザ(設計:中村拓志)をちょっとだけ覗いてみた。建築雑誌の写真を見て不格好な建物だと思ったが、実物の外観は想像以上にひどいものだった。表参道と明治通りという、我が国でも最高の立地の「角」に建つ建物として、このデザインは果たして許されるのだろうか。

表参道東急プラザ

 屋上緑化こそが、この建築の唯一といっていい命題なのだろう。スターバックスのある屋上階(6階)は、それなりにいい雰囲気は醸し出していた。

屋上庭園

 商業施設全体は、小規模な「109」といった感じだった。残念ながら、若い女の子向けのファッションの店にはまったく関心がない。「AppBank Store」があったのでちょっと覗いてみたが、センスのかけらもないショップだった。「Apple Store」とまぎらわしい名称を掲げるのはただちにやめてほしい。デザインにあれほどこだわったJobsに対する礼を失している。

AppBank Store

JUGEMテーマ:日記・一般

まいじょ * ノンセクション * 00:22 * comments(0) * trackbacks(0)

ユニクロ 銀座店

 5月24日は晴海にある会社を訪ねたあと、ついでにユニクロで世界最大規模の「ユニクロ 銀座店」を覗いてきた。

ユニクロ銀座

 世界で9番目のグローバル旗艦店なのだそうだ。さすがにそこらへんにあるユニクロとは、品揃えがまるで違う。商品のディスプレイがきれいなので、思わず何品も購入したくなる。特に12階の期間限定の夏物コーナーが魅力的だった。もう少し時間があったら、本当に購入していただろう。



銀座の猫

 銀座4丁目から6丁目にあるユニクロに向かう途中、みゆき通りの交差点で人だかりがしていた。何かと思ったら、猫が通り名の看板の上でおとなしく眠っているのだった。

猫に群がる人々

JUGEMテーマ:日記・一般


まいじょ * ノンセクション * 17:56 * comments(3) * trackbacks(0)

丸の内・皇居の景観

 昨日の「東京駅」の記事で《新春鼎談 「皇居と新美観論争」》のリンクが間違っていたので、訂正しておいた。 

皇居
明治安田生命ビルから皇居をのぞむ

 この鼎談は、建築家の出江寛さん、弁護士の五十嵐敬喜さん、建築家の竹内壽一さんの3人が皇居内から周辺の超高層ビルを眺めながら語り合ったものだけに、実際の景観をもとにしたリアルな議論になっている。
五十嵐 超高層というと、日本ではほとんど直方体になっていて、変化がない。世界にはイギリスのロイズ本社のようなデザインの超高層もある。外国では色々と工夫しているのに、日本の高層ビルは、何故みな陸屋根になるんですかね。屋根以外にも、ファサードの整え方もほとんど画一的です。また、別な言い方をすると、ここに見える超高層ビル群は皇居に対してまったく尊敬がないというか、不遜な感じがする。

 こうした建築家と法律家の談義を読むと、四半世紀ほど前、五十嵐敬喜弁護士が代表で、神保町で毎月1回開かれた「都市を考える法律家と建築家の会」の熱い議論を思い出して、懐かしくなった。

JPタワー低層部
JPタワーのファサード保存

 鼎談の記事に掲載されている写真も含めて、佐藤弘弥さんが丸の内・皇居の景観を撮した写真が一般公開されている。



 なんだか超高層ビルのありかたが気になってきたのは、朝日新聞GLOBEの特集「巨大建築」の影響だろうか。

JUGEMテーマ:日記・一般
まいじょ * ノンセクション * 12:55 * comments(0) * trackbacks(0)

東京駅

 今朝の日経新聞に、「東京ステーションホテル、来月8日から予約受け付け」という記事が載っていた。価格は1室3万30円から80万8500円、客室数は150室だという。

 四半世紀ほど前、本の校正の仕事で、ステーションホテルに泊まり、男3人かんづめとなったことがある。内装や設備は古くさかったが、ヨーロッパの古いホテルのような空間やおいしいフランス料理を出すレストランはとても気に入った。

東京駅
東京駅

 復元したドームの屋根の素材は石巻市雄勝産の天然スレート。出荷準備を整えていたところを津波が襲い、その半分が使いものにならなくなったという。その後、どう調達したのか、ともかくドームは何とか復元できたようだ。


行幸通り
行幸通り

 東京駅を背にして、行幸通りから皇居をのぞむ。右手奥の東京海上ビル(設計:前川國男)は、1960年代に美観論争の元となったが、皇居からみてこれを上回る仰角となる超高層ビルが今では東京じゅうに林立するようになった。


 そういえば、私が担当した環状2号線(軍攻茵縫廛蹈献Дトでも、虎ノ門に建てようとしている高さ247メートルの再開発ビルが皇居からどのように見えるのか知りたいというので、宮内庁に説明に行ったことがある。古風な会議室に、たくさんの宮内庁職員が集まったのが印象的だった。

JPタワー
JPタワー

 東京中央郵便局の再開発問題で、西川善文日本郵政社長は当時の鳩山邦夫総務大臣から理不尽なバッシングを受けたと言って嘆いていたが、政治家もマスコミも熱しやすく冷めやすい。いつのまにか、JPタワーは完成間近になっている。でも、こんな中途半場な形でファサードの一皮だけ残すことを保存というのだろうか。東京駅の復元をやったJRや三菱一号館を再現した三菱地所に比べると、歴史に対する敬意が薄っぺらな気がする。それとも歴史的様式をまとわない近代建築は、保存する価値がないと決めつけられたのか。

JUGEMテーマ:日記・一般
まいじょ * ノンセクション * 17:17 * comments(0) * trackbacks(0)

2k540

 秋葉原駅と御徒町駅の中間のJR高架下にできた商業施設「2k540 AKI-OKA ARTISAN」を見てきた。

2k540サイン
2k540(ニーケーゴーヨンマル)は東京駅からの距離に由来

 秋葉原は電気街として今やあまりにも有名だが、その隣の御徒町はもともと伝統工芸職人の街だったらしい。JRが高架下の有効利用を図ってつくったのが、「ものづくり」をテーマとしたユニークな商業施設。工房とショップがひとつとなった小さなお店が50店ほど、それぞれここでしか手に入らないような個性的な商品を並べて売っている。店の片隅で職人がものをつくっているところを見られるところもある。

2k540店内通路
柱や天井は白く塗られ、ガード下の暗いイメージはない

 それにしても、JR東日本、ずいぶん商売の力をつけてきたものだ。駅ビルも、昔は百貨店に頼っていたが、最近は直営方式の割合が増えたし、逆に有楽町西武の跡など百貨店に代わってルミネが進出したところまである。「ecute」「Dila」など、駅ナカビジネスもかなり成功しているようだ。



AKB48
秋葉原駅前高架下の「AKB48 CAFE & SHOP AKIHABARA」

JUGEMテーマ:日記・一般
まいじょ * ノンセクション * 17:29 * comments(2) * trackbacks(0)

代官山T-SITE

 代官山に新しくできた商業施設「代官山T-SITE」を見てきた。

蔦屋書店 入口
蔦屋書店 入口

 この1年間、再開発の仕事で関係した商業コンサルタントに「今流行りの商業施設はどこか」と尋ねたら、1番にあげたのがこの代官山T-SITEである。ちなみに、2番目は先日行ったレストランcode kurkkuがある代々木の「VILLAGE by kurkku」。3番目は秋葉原のガード下にできた「2k540 AKI-OKA ARTIZAN」だった。

蔦屋書店 棟間
蔦屋書店 棟間の通路

 旧山手通りに面して蔦屋書店があり、裏手にはGARDENという広い庭のあるエリアにペットショップや専門店、飲食店などがそれぞれ独立棟で配置される。このレイアウトを含めて建物のデザインが実にすばらしい。誰の設計か調べたら、施設全体のクリエイティブ・デザインは池貝知子さんが手がけ、建築はクライン ダイサム アーキテクツとRIAの共同設計だという。



蔦屋書店 裏手
蔦屋書店 GARDEN側から

 3棟に分かれる蔦屋書店の内部空間が雰囲気がよく、特にゆったりとしたソファのカフェは外国のホテルのロビーのような居心地の良さだった(写真が撮れないの残念)。

GARDEN
GARDENのカフェ IVY PLACE

 駐車場では外車がやたらと多かった。GARDENにはペットショップやペット同伴があるため、犬連れの客が多く、GARDENエリア全体がおしっこくさいのが玉に瑕だった。



JUGEMテーマ:日記・一般
まいじょ * ノンセクション * 10:47 * comments(0) * trackbacks(0)

東泉寺の花まつり

 今日(4月8日)はお釈迦様の誕生日。この日の午前は、東泉寺の釈迦降誕会・大震災慰霊法要、そして花まつりコンサートに行ってきた。

東泉寺
東泉寺

 東泉寺は、横浜の湘南台駅の近くにある曹洞宗の寺で、参禅会やお花の会などさまざまな催しを通じて、檀家だけでなく地域に開かれた地元密着型のお寺のようだ。奥さんの職場の同僚がご住職の娘さんという縁で、花まつりのイベントに招かれた。



花まつりコンサート
花まつりコンサート

 法要が終わった後、花まつりコンサートが本堂で開かれた。演奏者は、ヴァイオリンが上野真理さん、ピアノが新垣隆さん。
1. ドヴォルザーク「ユモレスク」
2. ハチャトリアン「剣の舞」
3. ヴィヴァルディ「四季」より 春
4. メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」より 第一楽章

 お二人の演奏もすばらしかったが、上野さんの曲目紹介が簡にして要を得て、クラシックに詳しくない人にも興味をもたせるような内容だった。

上野真理さん
上野真理さん

JUGEMテーマ:日記・一般


まいじょ * ノンセクション * 21:53 * comments(0) * trackbacks(1)

富士見台公園でお花見

 昨日の土曜日(4月7日)は、多摩地区に住む再開発OBの方たちと富士見台公園でお花見をした。

花見

 公園に行く途中の大栗川沿いは八重桜など満開のところもあったが、丘の上にある公園のソメイヨシノはまだ二、三分咲きで残念だった。だが、花より団子、酒、肴である。久々に会った皆さんと昔話や近況報告に文字通り花が咲いた。

首都大学東京の桜
首都大学東京の桜

 富士見台公園は、私の母校である首都大学東京(東京都立大学)に隣接し、私が住宅地計画や景観計画を担当した多摩ニュータウン20住区の中にあるので、感慨もひとしおだった。

首都大学東京正門前
首都大学正門前

JUGEMテーマ:日記・一般
まいじょ * ノンセクション * 18:44 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ